F-12Cで異常なバッテリーの消費

fujitsu-f-12c

 Androidを搭載したdocomoのスマホF-12Cですが、ここ1ヶ月近くは順調に稼働していました。昨日もいつものように満タンに充電をして、会社へと出かけました。会社に着いてから2,3本の電話をしたあと、特に使っていなかったのですが、お昼頃に画面を見てみると、バッテリー残量が残りごく僅かになってしまっていました。原因がわからぬまま、とりあえず端末は電源ボタンを長押ししシャットダウン、そして、再起動を行いました。

 このままだと、午後の業務に支障が出てしまう可能性もありますので、何とかして充電をしなければなりません。そこで、会社の近所にあるダイソーにマイクロUSB端子が付いたケーブルが無いか、探しに行って見ることにしました。


 しかし、こちらのダイソーには普通のUSBケーブルはあっても、マイクロ端子が付いたものは見当たりません。仕方が無いので、並びにあるドコモショップに行ってみました。各カウンターは残念ながらお客さんで埋まっています。番号発券機のところにいた係りの人に、スマホの充電用ケーブルがあるかを聞いてみると、番号札を取ってそのままお待ちくださいということでした。この係りの人が売ってくれれば良いのにと思いつつ、おとなしく待つことにします。

 10分ほど待っていると、ようやく番号が呼ばれました。カウンターへ行って、事情を再度説明すると、奥から少し大きめの箱を持ってきました。この係りの人は新入社員なのか常に横にベテラン社員が付き添っています。

 商品を見せてもらうと、ケーブルとACアダプターがセットになった商品でした。これがあれば、会社でも電源から充電が出来るようになるのでこちらを購入しておくことにしました。値段は945円です。さっそく、会社に戻ったあとで、コンセントにACアダプターを取り付けてF-12Cを充電出来るようにしました。

 F-12CにはUSBコネクタに防水用の蓋がかぶさっているので、いちいちこの蓋を取り外す必要があり、少し面倒くさいところが難点です。やはり充電をするのであれば充電用のスタンドがあった方が良いですが、本当に困ったときに限って充電するのであれば、このUSBケーブルで問題無いと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
コンピューター
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント