東北道でのタイヤのパンクを目撃

タイヤのパンク

 東北自動車道で郡山から川口ジャンクションに向けて走っているときに、佐野サービスエリアの付近を走行中のことだったと思います。

 私は追い越し車線を走っているときに、中央の車線を走っている車のスピードが徐々に遅くなっていきました。


 なにが起こるかよく分からなかったので、そのまま、追い越し車線で慎重に前の車と同じペースで慎重に走っていきました。

 中央の車線はスピードをかなり落としていますので、クルマを徐々に追い抜いていく形になります。

 そのままクルマを追い抜いていたのですが、その中央の車線で先頭を走っているクルマはハザードをつけながら少しずつブレーキを踏んで減速していました。

 何が起こったのかわからなかったのですが、タイヤを見てみるとつぶれていたので、どうもパンクが発生したようです。まわりに部品などは散乱していなかったので、バーストほどの酷い状況にはなっていなかったようです。

 ルームミラーで後ろを見ていると、頃合を見計らって、パンクしたクルマは車線変更をしながら路肩へ退避していました。

 今回はバンクが発生したクルマは非常に冷静に対応できていたので、特に事故などが発生することがありませんでした。単調な高速道路の運転でも急にこのようなトラブルが発生したり巻き込まれたりする可能性があります。

 車間距離をしっかりととって、かつハンドルもしっかりともって、トラブルに備えることの重要性を
痛感しました。

2011年版間違いだらけのクルマ選び
徳大寺有恒 島下泰久
草思社
売り上げランキング: 373
この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
自動車・カー用品・メンテナンス
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント