GPSで地震予知可能?

iphone-gps

 3月11日の東日本大震災が発生する40分前に、東北地方の上空300Kmにある「電離圏」の電子が以上に増えるという現象が発生していたようです。地震が発生する前には地震雲が出来るという話しもありますが、それと似た現象でしょうか。


 そして、この電離圏の電子が増えたことを、北海道大学の教授はGPSの電波から突き止めることが出来ました。他の巨大地震(2010年のチリ地震、2004年のスマトラ沖地震、1994年の北海道東方沖地震)でも同じ現象が見られるのだそうです。これを系統的に分析していけば、もしかすると地震予知に役立てることが出来るかもしれません。

 GPSから地球に向けて発信される電波は、電離圏で電子の影響を受けます。電離圏をさまよう電子の数が多いほど、この電波は大きな影響を受けることになります。教授が国土地理院のGPSの記録を大震災の前後で調べました。すると、発生の40分前に震源の上空で電子の数が増え始めて最大時には1割ほど増加しました。そして地震が発生したあとに元に戻りました。地震と何らかの関係がありそうです。

 GPSであれば日本全土が網羅されていますので、これが地震予知に役立つのであれば非常に良いニュースだと思いました。もしも、地震発生の40分前に、巨大地震がやってくることを予知できれば、ずっとたくさんの人の命が助かるのではないかと思います。研究がさらに進み、精度の高い余地につながると嬉しいです。

地震予知の最新科学 発生のメカニズムと予知研究の最前線 (サイエンス・アイ新書 39)
佃 為成
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 296430

コメント