【閉店】リニューアル後にはじめてカレスト座間に行きました

カレスト座間

日産が新しいタイプのクルマ販売店として、日産自動車の座間工場跡地で1999年にオープンしました。こちらは12万平方メートルにおよぶ非常に広大な土地に展開されている店舗で、カー用品店、新車ディーラー、中古車販売店などが一緒になった複合店舗でした。今から2年少し前に行った際のレポートがこちらです。

日産のカレスト座間に行ってきました

ところが、今年の春にリニューアルが行われて、店舗の様子が随分変わったということでしたので、お店まで行ってみました。


700台分を完備しているという駐車場や中古車販売店の規模については、遠目には変わっていないような気がします。ただ、建物の中に入ってみると、最初に驚いたのが、カー用品を売っていたコーナーが一気になくなりました。以前であれば、オートバックスなどのカー用品店を凌ほどの商品が陳列されていたのですが、それが一気になくなって、ガランとしてしまいました。カー用品で取り扱われているのは、タイヤ・オイル・バッテリー・ワイパー等の消耗品のみです。昨年末にカレスト座間から葉書が来て、カー用品を処分するためのセールを開催することを告知していたのですが、その理由が判ったような気がします。

喫茶コーナーについては、そのまま残されていましたが、お客さんの数は以前と比較すると非常に少なくなっていました。

カレスト座間の店内

新車については、日産車が色々展示されています。以前はルノーのクルマも展示されていましたが、今は無くなってしまいました。展示されているクルマは自由に乗り降り出来るようになっています。

カレスト座間
新車販売コーナー

椅子の座り心地や車内の広さを体感することが出来るので、とても良いと思います。また、販売員の人がこちらから声をかけない限りは近寄ってこないところも良いと思いました。

ネット上でのリニューアルに対しての反応は全体的に落胆するものが多いようです。

カレスト座間しゅ~~~りょ~~~!!|と あ る ま ち ゃ の 瀬 玲 奈 嬢|ブログ|まちゃ☆苺一会|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

こちらのブログで紹介されているように、これだけの大きな土地があるならば、トヨタ自動車が展開しているトレッサ横浜のようにクルマのディーラーやカー用品店も完備した大きなショッピングモールにすると、集客が随分違うのではないかと思います。

トレッサ横浜で買い物

この座間のエリアにも近くにコストコが出来たりして、注目が集まっているので、このようなショッピングモールを作るのは面白いと思います。

【2017年1月25日追記】

現在はカレスト座間は閉店してカーディーラーのみが営業しているようです。

コメント

  1. 日産のカレスト座間に行ってきました

     日産自動車のカレスト座間というところに行ってきました。ここは日産自動車の座間工場があったところに作られた、新車販売、中古車販売、カー用品販売、クルマの…