ホームページビルダーはジャストシステムの製品?

ホームページビルダー

 ホームページビルダーという商品は、日本でインターネットが普及するとともに、ベストセラーとなったホームページの作成ソフトです。


 1995年当時はWindows95が発売されて、TCP/IPのプロトコルがOSにバンドリングされ、さらにはWindows95Plusというパッケージを購入することで、ブラウザも入手することができるようになりました。また、徐々に全国的にインターネットへ接続するためのアクセスポイントが拡充されてきて、安価にインターネットを楽しむことができる土壌が出来上がってきました。

 そして、1996年にIBMからホームページビルダーが発売されました。インターネットで情報を発信するためには、どうしても、HTMLの知識が必要であり、このソフトウエアが発売されるまでは敷居が高いものでした。

 このホームページビルダーは私も利用していました。ニフティでホームページを公開するためのスペースを確保し、そこにコンテンツを公開するために使っていました。ワープロを使う感覚でホームページを作成できるのは、非常に便利でした。

 また、このホームページビルダーには豊富なテンプレートやイラストなど、ホームページを作成するために必要な素材も豊富に同梱されています。さらに、FTPツールなどのプログラムも同梱されています。このFTPツールについては今でもよく使います。

 しかし、その後はブログのブームが日本に到来しました。ブログはあらかじめデザインが決められていて、自分では文章を書いたり、写真をアップロードするだけで簡単に情報を発信できます。私もブログを使った情報発信が主となり、今ではホームページビルダーを起動することはほとんどなくなりました。

 そのホームページビルダーは今でもIBMが開発、および販売をしているものだと思っていたのですが、現在はジャストシステムが開発、および販売をしているそうです。ニュースリリースをたどっていくと、2010年2月16日にジャストシステムから報道発表されていました。

 ホームページビルダーやThinkPadを開発したIBMの大和事業所も2013年には閉鎖し豊洲へ移転することが発表されていますし、徐々にIBM自体は事業の形態を変えていっているようです。

 今後はジャストシステムの手で、ホームページビルダーがどんな形でアップデートされているのかが気になるところです。

コメント