ソニーが月額1480円の定額制音楽配信サービスを開始

映画・音楽

SONY

 ソニーが月額1480円を払うことで1ヶ月間、1000万曲の音楽が聞き放題になるサービスを日本でも開始することを発表しました。名前は、「Music Unlimited」と名付けられています。すでに世界17カ国ではサービスが開始されていました。


 このサービスはスマートフォンやパソコン、そしてゲーム機などで楽しむことが出来ます。また、今月中旬からは一部のソニー製テレビでも再生が出来るようになります。

・提供される楽曲

 気になるのは、どんな曲が提供されているか?ということになります。ITmediaの記事によれば、

 ・EMIミュージックジャパン
 ・SONYミュージックエンタテイメント
 ・ユニバーサルミュージック
 ・ワーナーミュージックジャパン

などから許諾を受けた洋楽が中心ですが、日本独自の規格として数万曲の邦楽を含んでいるそうです。これら楽曲については、今後拡大していくと発表されています。

・音質について

 3G回線を圧迫することがないように、48KbpsのHE-AACという規格が採用されているそうです。MP3の場合は128Kbps以上のビットレートでないと音質の劣化が目立つようになります。この、HE-AACという規格がどの程度、性能の良い圧縮フォーマットなのか分かりませんが、48Kbpsというのは、少々少ない感じがします。

 Wikipediaでこのフォーマットのことを調べてみました。

 ☆HE-AAC – Wikipedia

 すると、48KbpsでCD並のクオリティを再現できると書かれています。もし、そうなのだとしたら、一回は音質を確認してみたいと思います。

 調べてみると、こちらで視聴をすることが出来ました。

 ☆ホーム – Music Unlimited

 確かに音質はあまり心配することは無さそうです。クリアーな音質でした。

 ラインナップを見ると、やはり洋楽が多いことが分かります。洋楽が好きで、月に1枚以上のCDを購入している方はこちらのサービスに加入した方が安上がりになるかもしれません。

 通常はiPhoneで音楽を聴いているので、iPhoneアプリが公開されたところで、契約するか否かを検討したいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント