iPhoneで解像度の低い写真を撮る方法

スマホ・タブレット・AV

iphone4s

ブログに投稿するための写真をiPhoneのカメラで撮ることがあります。標準のカメラアプリを使うと、解像度が高い写真になってしまうので、どうしても写真のファイルサイズが大きくなってしまいます。

iPhone4sの標準カメラアプリで写真を撮ると、8メガピクセル(800万画素)という超高解像度の写真を撮ることが出来ますが、これが相当のファイルサイズになります。ピクセル数で言うと3264×2448ピクセルです。

ブログに公開するためのスペースは、さくらインターネットのレンタルサーバーを借りているのですが、こちらは20GBしかありませんので、解像度の高い写真ばかりを公開していると、直ぐにホームページスペースがいっぱいになってしまいます。

iPhone4sがロックされている状態でも、ホームボタンを押したときに表示される右下のカメラボタンを上に動かせば標準カメラアプリが起動できます。従って、急いでいるときでも簡単に標準カメラアプリならば起動ができます。

したがって、本当はiPhoneの標準カメラアプリで解像度の変更をすることが出来る設定があれば最も良いのですが、残念ながらそのような機能は無いようです。

そこで、iPhoneのカメラアプリの中で、解像度の低い写真を撮ることができるアプリが無いかを探して見ました。その中で見つけたのが、超微音カメラというアプリです。

こちらのカメラを使うと、標準モードでは640×480ピクセルで写真を撮ることが出来ます。ちょうど、初期のデジタルカメラ程度の解像度と言えば良いでしょうか。これならば、ブログの記事に貼り付けても、容量を圧迫する程度は最小限で済みます。

やはり、画像の鮮明さはかなり落ちるのですが、ブログに載せる写真については、超微音かめらで撮影した写真を使って行こうと思っています。

コメント