楽天の「Kobo Touch」は実用性十分

kobo

 7月20日に楽天ブックスからKobo Touchが届きました。今回は発表間もない7月4日には楽天ブックスで予約をしていました。

 ☆楽天が7980円の電子書籍リーダーkobo touchを発売

 思ったよりも小さな段ボール箱に入っていました。

楽天ブックスの段ボール箱

 段ボール箱をあけてみると、中から、Kobo Touchの箱が出てきました。

Kobo Touchの箱

 箱には帯が巻かれていて、なんとなく本のような感じになっています。


 この箱をあけてみると、中からKobo Touchの本体が出てきました。液晶には透明の保護シートが貼り付けられています。

 箱の中には非常に簡単な、ウエルカムガイドが入っていました。最初にKobo Touchの母艦として使おうと思っているパソコンに、指定のURLからKoboデスクトップソフトウエアをダウンロードしてきてインストールします。このソフトウエアは70MBほどあるので、ダウンロードやインストールにそれなりの時間がかかります。

 ソフトウエアのインストールが終わったら、附属のUSBケーブルを利用して、Kobo Touchを母艦に接続します。あとは、画面の指示に従ってセットアップするだけです。

Kobo Touchの充電中画面

 こちらにも詳しい説明があります。

 ☆【kobo】ヘルプ

 途中で楽天のIDとパスワードを投入する画面が出てきます。こちらで、はじかれてしまって先に進まないという情報がネット上の随所にあったのですが、私の場合は何事も無かったように簡単に通ってしまいました。私がセットアップしたのは20日の夕方だったので、もうほとんどの人が設定を終えたことによりサーバーの負荷が下がっていたのかもしれません。

電子ブック楽天<kobo> kobo Touch 【販売:楽天kobo】【今なら送料無料】
価格:7,980円(税込、送料別)

 簡単にセットアップが終わり、無線LANの設定も行いました。こんなにリーズナブルな値段で、無線LAN接続まで出来てしまうことには驚くばかりです。

 青空文庫の本ならば無料で読むことが出来ますが、今回は電子書籍も購入しました。楽天スーパーポイントを使って買うことも出来ます。

 今回購入した本はこちらになります。

 実査に本を読んでみました。普通の液晶画面と比較して、画面がくっきりとしていて読みやすいです。バックライトが無いので、紙に印刷されている本を読む雰囲気ととてもよく似ています。

 ページめくりも特に違和感は無く、読書という用途に限った端末としては、特に文句をつけるようなところは見つけられませんでした。

 まずは、こちらを活用して読書にはげもうと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
コンピューター
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. Kobo TouchとKoboイーブックストア

    Kobo eReader Touch Edition_019 / TAKA@P.P.R.S  楽天が以前から予告していたとおり、2012年7月19日に、電…

  2. 楽天が7980円の電子書籍リーダーkobo touchを発売

    Kobo eReader Touch Edition_007 / TAKA@P.P.R.S  先日、Amazonが電子書籍リーダーであるKindleを近日…

  3. AmazonのKindleがまもなく日本でも発売される

    Kindle Fire / nhayashida  Amazonが米国で発売している電子書籍リーダーKindleですが、まだ日本では発売を開始していません…

  4. 青空文庫リーダー「SkyBook」を使った読書

     最近、楽天で予約を開始したKobo Touchを購入しました。こちらの端末は7月19日に発売される予定なので、まだ手元にありません。電子書籍が実際には…

  5. ソニーが9980円で電子書籍端末「Reader」新機種を発売

    Sony Reader / ETC@USC  ソニーは以前より電子書籍端末の「Reader」を発売してきました。しかし、その後、楽天のkoboのリーダーが…