iPhone5の主メモリの容量は1GBか?

スマホ・タブレット・AV

iphone5

 iPhone5ではA6というプロセッサが使われています。このプロセッサ自体はアップルが設計を行い、製造は他の会社に委託しています。CPUのコアの他にグラフィックを司るGPUなどの回路も集積されています。

 このプロセッサに関しては、まだ詳細が発表されていないので、わからないことも多いのですが、1GBのメモリが搭載されているのではないかと、噂が出ています。

 ☆iPhone 5の「Apple A6」は1GBのメモリを搭載~iPhone 4Sの2倍

 AppleではiPhone5はiPhone4Sの二倍の処理速度だと説明していますが、その処理速度アップにはもしかするとメモリ搭載量の拡大が寄与しているかもしれません。

 iPhoneの世代別の搭載メモリ量は下記のようになっています。

  ・iPhone:128MB
  ・iPhone 3G:128MB
  ・iPhone 3GS:256MB
  ・iPhone 4:512MB
  ・iPhone 4S:512MB
  ・iPhone 5:1GB?

iphone5

 また、CPUのコア数がどうなっているかなど、わからないことも多数あります。これから、詳細が徐々に判明してくるものと思います。

 さらには9月21日は実際にiPhone5を手にする人が数多く出てくるはずです。この利用者から、どの程度、iPhone5がサクサクと動くようになったか評価がウェブ上にアップされるはずです。こちらの報告も非常に楽しみです。

【2012/09/17追記】

 iPhone5のベンチマーク結果が掲載されていました。

 ☆iPhone 5のベンチマーク、新しいiPadの約2倍のスコアを記録

 これによると、アップルからの公式な発表の通り、iPhone4sと比較して2倍のスコアが出たそうです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント