中島みゆきの歌姫 劇場版を見ました

中島みゆき-歌姫-劇場版

10月13日(土曜日)から始まった中島みゆきの歌姫という映画をワーナーマイカルシネマズで見ました。今回は日の出のイオンモールに併設されているワーナーに行きました。上映時間がちょうど良かったためです。

今回は二週間の限定上映だったので、どの程度混雑しているのか、予想がつかなかったのですが、前日の夜にe席リザーブで予約した限りは、特に混雑している様子はありませんでした。

比較的小さなスクリーンが使われているようで、席の数もそんなに多くありません。あまり、お客さんが集中するようなことは劇場側でも想像していないようです。ちょうど、真ん中ぐらいの席を予約しておきました。


今回の映像はプロモーションビデオのライブ映像が組み合わされたものになっています。約2時間にも及ぶ長編になっています。今回は朝一番の9時50分から開始される会で見ることにしました。朝、映画館に行ってみると、座席のうち1/3ほどのお客さんの入りです。

スポンサーリンク

第一部 プロモーションビデオ編

そして時間通りに上映が始まりました。第一部はプロモーションビデオ編です。上映された曲目は下記の通りです。

・おだやかな時代
・見返り美人
・黄砂に吹かれて
・空と君のあいだに
・囁く雨
・愛だけを残せ
・一期一会

そのまんまのプロモーションビデオでした。ここ数年間に公開されたプロモーションビデオを除いては、画質、音質はともに映画館での上映には向いていない感じがしました。

しかし、ここ数年間のプロモーションビデオについては映画館で上映しても全く問題はないほどのクオリティです。技術が進歩したということ以外に、このような映画館で上映しても差し支えない品質で作品を作るようになってきているのでしょう。

第二部 中島みゆきライブ編

ライブということなので、色々な会場で実施されたライブを編集したものだと思っていたのですが、全くそうではなく、観客無しのスタジオライブでした。しかも、1曲ごとに大きく模様替えを実施しているので、撮影にはとても手間がかかっているように見えます。上映された曲は下記の通りです。

・この空を飛べたら
・地上の星
・土用波
・銀の龍の背に乗って
・この世に二人だけ
・夜行
・歌姫

この第二部が終了した時点でエンディングロールが流れ、いったん、歌姫劇場版は終わったような形になります。しかし、ここで席を立ってはいけません。まだ、続きがあります。

第三部 新規映像編

こちらは新しい映像を2曲、上映してくれます。第二部まででは物足りない感じが残ったのでしょうか。あとから追加されたような感じがします。こちらでは2曲が上映されます。

・恩知らず(PV)
・時代-ライヴ2010 11-

やはりどの映像も見応えがありました。どちらかというと私自身は松任谷由実派で中島みゆきの曲はあまり意識して聞くようなことは無かったのですが、今回は中島みゆきの世界が堪能できました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました