松下幸之助の「わが経営を語る」を読みました

ナショナル松下

 楽天のkoboストアをみていると、ビジネスのジャンルに、松下幸之助の「わが経営を語る」というコンテンツがあったので購入してみました。松下幸之助は経営の神様だと言われていますが、研修の教科書などで読んだことがある以外は、まだその思想に深く触れたことはありません。さっそく、読んでみることにしました。


 新入社員への講話、幹部社員への経営戦略説明会、年初めの経営戦略説明会など色々なイベントなどで話したことが題材になっているようで、紹介されていることは、特別なことでは全くなく、日常、どこにでもありそうな話しです。その中で、松下幸之助はどう考えてどう行動したのかということに触れることができます。

 昭和20年代の話しもあり、今の時代には通用しないのではないかとも読み始める前には思ったのですが、このような底辺に流れる経営のマインドのようなものは、時代が変わってもそうは簡単に変わるようなものではないというのとが、よくわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました