スプレー式タイヤチェーンの性能はどの程度?

スプレー

amazonの「クルマ」のジャンルで売り上げ上位のランキングを見ていると、第一位に「スプレー式タイヤチェーン」という商品がランキングしていました。

商品の説明を読んでみると、「ノーマルタイヤが雪用タイヤに変身!」と書かれています。いったい何から出来ているのかと思ったら北米産の木材の樹脂から出来ているそうです。これならば、削れてまき散らかされてしまっても環境に与える影響は少ないかもしれません。


スプレー缶1缶で最大20本のタイヤにスプレーすることが出来るそうです。クルマ1台で4輪なので、5回分はスプレーできそうです。

そして、1回のスプレーで70Kmの距離までは効果が持続するそうです。しかし、雪道ではないところで利用すると急激に効果が落ちると注意書きがありました。

凍結道路では普通のタイヤと比較して300%の摩擦力アップを売り文句にしています。この300%という効果は、スタッドレスタイヤやチェーンと比較すると実際にはどの程度の効果なのでしょう。予期せぬ積雪や凍結時に緊急に使用することを意図していてスノーチェーンと同等の性能を保証するものではないと書かれていました。

実際の使い勝手に関するレポートを調べてみました。

こちらの記事では、効果に関して懐疑的な意見が書かれていました。食塩を塗りつけた方が良いのではないかということです。

スプレー式タイヤチェーン : VIVA ALFA ROMEO

こちらは好意的な意見でした。

☆ALWAYS LOOK ON THE BRIGHT SIDE OF LIFE: スプレー式タイヤチェーン、使用後感想

私自身はスタッドレスタイヤに付け替えていますし、いざというときのためにはタイヤチェーンを携行しているので、こちらのスプレーについては購入しないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました