PC-DEPOTでKindleが売られていました

kindle

 近所にあるPC-DEPOTというパソコン専門店に行ってみました。店内を見て回っていると、特にタブレットの売り場が以前よりも充実していることに気がつきました。男性はパソコンからタブレットに徐々に移行して女性はスマホからタブレットに移行するので、今後はタブレットの売り上げが爆発的に増えるのではないかという観測があります。このような予想を先取りする形で、売り場の面積を増やしているのでしょう。

 タブレット端末の中で最初に見たのは外国製の格安タブレットです。何と、7インチの液晶を搭載したモデルで7980円という激安タブレットも販売されていました。さすがに、この商品は液晶の品質がとても悪く、少しにじんでいるように見えます。また、動作も少しひっかかるような感じに動くので、あまりオススメできる商品とは思えませんでした。

 それよりも1ランク上で9980円の商品になると、液晶の品質はあまり気にならない程度に良くなりました。どうしても1万円以下でということであれば、この商品ならばアリだと思いました。


 その次の価格帯の商品になると、amazonのKindle Fireです。

Kindleの売り場
Kindleの値段

 こちらはAmazonが販売する電子書籍リーダーですが、OSにはandroidが採用されていますので、通常のタブレット端末として利用することが出来ます。ただし、android標準のマーケットを利用することが出来ませんので、アプリケーションの入手性は少し悪いかもしれません。日本円では12800円で販売されています。

 実際に実機を触ることができるようになっていたのですが、正直、Amazon Kindleであれば十分な品質にも思えました。

 その横には、Kindle fire HDが置いてありました。こちらは、液晶が1280×800ピクセルに対応しているので、非常にきめ細かい画質を実現しています。さらに、ドルビーステレオなどにも対応しているので音質の方も磨きがかかっていることが売りです。本当は音質も確認してみたかったのですが、残念ながら音楽ファイルやビデオが端末本体に入っていなかったので確認することができませんでした。値段は16GBで15800円です。android標準のマーケットに対応していない点に納得できれば、こちらは十分に選択肢になりうると思いました。

 さらに、NEXUS7も売られていました。こちらは19800円です。andoroid標準のマーケットにも対応していますし液晶の品質も良く、操作時のレスポンスも問題ありませんでした、ここまでの価格になれば、安心して購入することが出来そうです。

 そろそろ、タブレット端末も欲しいので、もう少し商品の研究をしていきたいと思います。

【2019/01/13追記】

昨日、コジマに行く機会がありました。スマートスピーカーを専門に扱うコーナーがあり見てみたのですが、LINE等各社のスマートスピーカーが展示されているものの、echoについてはなぜか展示がありませんでした。KINDLEについても見当たりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました