東埼玉道路を使いイオンレイクタウンまで

Exif_JPEG_PICTURE

越谷市のイオンモール レイクタウンに行く際に、外環道を草加インターで降りて、外環道下の一般道で東埼玉道路とのこうさてんまで、そして東埼玉道路でレイクタウンへというコースで向かいました。

この東埼玉道路ですが、道路用地は非常に幅広く確保されているのに、道路として利用されているのは道の両端の部分だけで、真ん中は広大な空き地になっていました。前回通ったときにも、同じような感じだったと思います。


この道路はいったいなんなのか、気になったので後から調べてみました。すると、この道は将来には新しい国道4号線として機能することが計画されており、現在はまだ、本線両脇の側道の部分しか開通していないのだそうです。

すでに、国道4号については、バイパスが整備されているのですが、そのバイパスの両脇にたくさんのお店ができて都市化されてしまったために、渋滞が慢性的に発生しています。このバイパスの渋滞を緩和するために、さらに新しいバイパスができる形になります。

現在のバイパスは外環道の草加インター周辺でクロスする形になっていますが、今度、東埼玉道路と外環道が交差するところには新しく八潮インターの建設が予定されているそうです。

レイクタウンの建物はこの東埼玉道路をまたがって施設が建設されています。この建物間には連絡橋があり、道路を横断することができます。

しかし、東埼玉道路の本線部分ができると、この連絡橋が邪魔になりそうな気もします。これから先、どんな形で道路が建設されていくのか、気になるところです。

周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました