京葉線の東京駅へは有楽町駅からが便利

京葉線

 京葉線の東京駅は中央線、山手線、東海道線などが発着している東京駅とは全く別の場所にあるので、乗り換えに非常に時間がかかります。非常に長い地下道を案内板に沿って延々と歩いていくのですが、途中に動く歩道があったり、エスカレーターがあったり、移動だけで時間もかかりますし、非常に疲れてしまいます。

 実は京葉線の東京駅は有楽町駅に近い、国際フォーラムの北側地下にあります。従って、東京駅から歩くよりも有楽町駅から歩いた方が近いのです。しかも、JRでは有楽町駅から京葉線の東京駅へ行く場合には、改札口の外に出た扱いにしないで処理をしてくれる特例があるそうです。


 有楽町駅で降りたら、京橋口の有人改札に行って、

 「京葉線の東京駅へ乗り換え」

と申告して、そこまでの切符を提示すると、乗り換えに必要な紙をくれます。この紙を持って、京葉線 東京駅の有人改札へと行き、また切符と紙を見せることで入場できるようです。

 こちらの記事なども参考にしてください。

 ☆京葉線から地上を経て有楽町駅にお乗り換え:undoの放浪記:So-netブログ

 ☆有楽町駅京橋口~京葉線東京駅乗換え|旅人日記

 今度、東京ディズニーリゾートに行くときに実際にこのルートを使ってみようと思います。

 地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント