成人の日は凄い雪で道路は大混乱でした

 平成25年1月14日(月)は成人の日で3連休の最終日です。朝から千葉に出かけて、午後には東京へ戻ってこようと思っていました。千葉の豚カツ屋サンでロースカツ定食を食べていると窓の外はいつの間にか雨から雪に変わっていました。しかも、ぼたん雪で湿った雪です。みるみるうちに駐車場は雪が積もっていきました。

 ショッピングセンターで買い物が終わったあと、早めに自宅に帰ることにしました。自宅に帰ったあとは雪かきをしなければいけません。そこで、イエローハットでは車載用の雪かきスコップを購入しておきました。1480円の商品です。

 そのまま雪道を走っていったのですが、VICS情報を確認すると都心に向かう道は色々なところで渋滞が発生していることが判ります。

渋滞だらけのVICS情報

 できるだけ渋滞が無さそうな道を選んで西へと向かったのですが、交通状況は次々に替わり、自分が走っている道でもやはり渋滞が発生してしまいます。

 どういうところで渋滞が発生するのか対向車線の様子を観察していると、圧倒的に上り坂で発生していることが多いです。上り坂で滑ってしまって、若干、車体が斜めになってしまったクルマがあると、すぐに通行を妨げて、そこを先頭にした渋滞が発生してしまいます。


 荒川を渡る橋も上り坂になっていたのですが、そこには警察の人が数人いて、全部のクルマに対して、「スタッドレスタイヤは履いているか?」と確認をとっていました。私が乗っていたラフェスタにはスタッドレスタイヤを装着しているので大丈夫です。

 その横にはタイヤチェーンを装着中のクルマが数台停まっていました。もし、スタッドレスタイヤを持っていなくて、しかもタイヤチェーンも携行していない場合には橋を渡らせてもらえないのでしょう。

 橋を渡りおわったところは逆に下り坂になります。対向車線の方を見てみると、何台ものクルマが坂を上ることが出来ずに停車していました。その後は大渋滞になってしまっています。

 また、大通りが大渋滞でまったく動かなかったのでカーナビを頼りに裏道に入ったときのことです。前でサミットストアの宅配車両(軽ワゴン)がちょっとした坂道を上ることが出来ず、立ち往生していました。私の後からクルマが何台か来てしまったので引き返すこともできません。仕方が無いので、さきほど購入したイエローハットのスコップを持って救出に向かいました。

 前輪と後輪の前後にある雪を取り除きましたが、さすがに夏タイヤだと坂を上がることが出来ません。そこでバックをしてもらって、横にクルマが通ることが出来るスペースを作ってもらって、そのまま先へと向かいました。

 別の場所では警察の人が総出で立ち往生しているトラックを押していたり、警察の人は色々なところで大活躍です。本当に休みの日にご苦労様です。成人の日だったので雪の中で歩いている晴れ着の人もたくさん見かけました。大変な一日だったと思いますが、逆に考えればとても印象に残る成人の日だったのではないかと思います。

 大久保通り、山手通り、青梅街道、五日市街道、井の頭通りなどを通って、何とか吉祥寺まで出ることが出来ました。都心と比較すると、中野以西はあまり混乱していなかったのが印象的です。坂道が少ないせいなのかもしれません。

 家までかえって駐車場にクルマを入れようと思ったときに、クルマが雪にはばまれて全く動かなくなってしまいました。わだちを走っている分には良かったのですが、道に直角に駐車スペースへ入れようとすると、わだち以外のところを横切ることになるので、そこの雪にすっぽりとタイヤが埋まってしまったことが原因です。

 また、買ってきたばかりのスコップを使って雪をかき分けました。雪をたくさんスコップにのせて雪かきをしたのですが、何と買ったばかりのスコップの柄とスコップのところの継ぎ目の部分がぽっきりと折れてしまいました。外国製の商品でしたが耐久性が全く無かったようです。この商品を購入したのは完全に失敗でした。

 今度は雪国でよく見るような丈夫なスノースコップを購入しておこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました