自動車教習所の近年における変化

教習所

Yahoo!NEWSを見ていると、自動車教習所に関する話題が取り扱われていました。昔だったら成人になったら自動車免許の取得を考えましたが、最近では都市部を中心に免許をあえて取らなくても良いのではないかという考えの人が増えたこと、及び少子化が進展していることにより、自動車教習所に通う人の数が減っています。免許を取得する人の数も、2002年から2011年で40万人も減ってしまったそうです。また、教習所も100校が閉鎖されてしまいました。

考えてみれば、昔と比較するとクルマがあって本当に良かったと思えるようなことは本当に減ってきたとおもいます。買い物をするためにも、もはや出かけて買い物をする必要はかなり減ってきていて、通販を使う機会が本当に増えました。大きな買い物をしたときでも、注文してから数日で商品が自宅まで届いてしまいます。

このYahoo!ニュースで取り上げられていた武蔵境自動車教習所には数年前に私自身、通っていました。

武蔵境自動車教習所

周辺の他の教習所と比較して値段は少し高かったのですが、駅から比較的近いことと、サービスの良さで定評があったこと、そして会社の休みの期間で集中的に短期で教習を受けるプランを作ってくれたことから、武蔵境自動車教習所を選びました。

記事にもあるように、ネイルアートをしてもらうことができるコーナーがあったり、マッサージを受けることができるコーナーがありました。また、ポイント制度のようなものがあって、自動車教習所を卒業するときに、そのポイントを使ってディズニーリゾートのパスポートを貰ったとおもいます。

また、学科の教習ではビデオ教材がたくさん使われていて、生徒が飽きないように工夫されていたり、教官も様々な事例を用いて、わかりやすく教えようと努力をしている様子がうかがえました。

実技の方でも教官の教え方は実に丁寧で、相当なヘマをしても決して怒鳴りつけられるようなことはありません。昔のイメージでは鬼教官が必ずいるようなイメージがあるのですが、そんなことは全くありませんでした。

今はネットがここまで普及したので、もしも評判を落とすような教官が一人でもいれば、瞬く間にその評判は広がってしまいます。教習所の方でも教官に対する教育わ育成を徹底しているのだと思います。

 

 

 

 

コメント