iPhoneの3G回線が切れやすい

シェアする

iphone 5up

 引き続きiPhone 4Sを使っているのですが、最近なぜか、3G回線でウェブページの閲覧をしているときに、切れる現象が頻繁に起こるようになりました。

 例えば、Safariで何かを検索して、検索結果のリンクをクリックしたあと、目的のページが表示される前にアンテナ表示が急になくなって、エラーページが表示されるという現象です。その後、すぐにアンテナ表示は三本立ちます。アンテナが立ったことを確認してから該当のエラーページでページの更新をすると今度は正しいページが表示されます。ただ、運が悪いと更新をしてもまたエラーページが出てしまうことがあります。何回かエラーページが出てくると、ストレスがたまってしまいます。

 傾向とすると、重いページを開くときにエラーページが出てくる確率が高いように思います。

 同様の症状で苦労している人がほかにいるのではないかと思いさがしてみると、すぐに見つかりました。それによると、先日公開された新しいOSである、iOS6.1にアップデートすると、3G回線が切断されやすくなるというのです。


 確かにこの症状が出始めたのは、iOS6.1にアップデートしてからのような気がします。Apple社で十分に試験をされてから公開されているOSにこんな不良があっても良いのでしょうか。

 この症状、日本ではSoftBankとdocomoで発生します。逆に言うと、auでは発生しないということになります。auは通信方式が違うことが要因なのでしょう。

 ネットワークのリセットをしても改善されないので、iPhoneのユーザー側ではなす術がありません。Apple社ではすでにアップデートのための準備を進めているようなので、この公開を待つしかないのでしょう。

 Apple社は地図の問題もまだ収束することが出来ていませんし、今回のネットワークの問題も多数の利用者に迷惑をかけてしまいました。株価が下がっていることが特に話題になっていますが、Apple社の今後の動向が非常に気になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク