WordPressに移行をしました

シェアする

今までこちらのブログはMovable Typeで運営を続けてきたのですが、いろいろと不都合が発生していました。その、いくつかは以下の通りです。

(1) Movable Typeのバージョンが一世代古く、セキュリティ的に脆弱性があることを否めないこと

(2) さくらインターネットで提供しているMySQLのバージョンがこのブログを開設した当時は「4」となっていたが、ムーバブルタイプの新しいバージョンでは「5」が要求されていていること。また、さくらインターネットでは既に「4」では新しいデータベースを作ることもできず収束モードに入っていること

(3) Movable Type自体の利用者が徐々に減ってきていて、プラグインなどが入手しにくくなってきたこと

こんな事情を加味して、Movable Typeのままバージョンアップをするのが良いのか、Wordpressに乗り換えた方が良いのか、しばらく考えていました。

そこで、こんな実験をしてみることにしました。さくらインターネットでは、二週間までであれば無料でレンタルサーバーのプランを試用することができます。ここに、最新版のMovable TypeとWordPressの両方をインストールして、旧ブログからの移行が問題なくできるかいなか、そして使い勝手はどうかをチェックしてみることにしました。

今回は、さくらインターネットのスタンダードというプランを追加で申し込みました。さくらインターネットでMovable TypeとWordPressのインストールするのは、とても簡単です。最初にデータベースを新規作成します。そして、コントロールパネルにクイックインストールというメニューがあり、ここから必要事項を入力していくと簡単にインストールすることができます。

現行のブログからコンテンツはエクスポートをしておきました。現行のブログでは文字コードはEUCを選択していたのですが、最近主流のUTF8に変更しました。エクスポートしたテキストファイルをエディタで開いて、保存するときにUTF8に変更するという方法で変更しました。

そして、WordPressへテキストファイルをインポートします。インポートのメニューの中に、Movable Typeがありますので、ここを選択するとツールをインストールして有効化することができます。これもエラーが出るようなこともなく、簡単にできてしまいました。

画像が入っているフォルダは、さくらインターネットがコントロールパネルで提供しているファイルエクスプローラでフォルダごとコピーしました。

問題はコンテンツのURLを全く同じにするためには、どうすれば良いかです。実はこれも簡単に対応できました。こちらのブログの場合には、パーマリンクの設定でカスタムを選択して下記を入力しています。

「/archives/%year%/%monthnum%/%postname%.html」

エクスポートしたデータの中に現行のブログのファイル名が設定されており、postnameがこのファイル名を拾ってきてくれているようです。

ただ、このままだと、新規に記事を投稿すると、日本語タイトルがそのままファイル名に設定されて少し格好が悪くなってしまうので、英数字でファイル名を付けてくれるプラグインを入手してインストールしました。

いろいろとチェックして見たところ、パーマリンクは完全に復元できたように見えるので、ここまででWordPressへ移行することに決めました。そして、昨日の日曜日にまずこちらのブログを移行しました。

まだ、不都合な部分がありますが、徐々に改善して行きたいと思います。

(20130304追記)

引き続き、こちらのブログはWordPressを使って公開しています。かなり、管理者向けの機能についても使い慣れてきました。特に便利に使っているのは、iPhoneで利用することができるWordPressというアプリケーションです。

このアプリを使ってから、写真付きの新しい記事の投稿が本当に楽になりました。ほとんど、外出先で記事を投稿する際にはこちらのアプリを使っています。

また、WordPressに機能を付加するプラグインについても、いくつかの試行錯誤を経て、ほぼ常用したいと思えるものが決まりました。こちらは、別の記事として投稿したいと思います。

これだけ快適にブログを運営することができるようになり、今回はWordPressへ移行して本当に良かったと思っています。

スポンサーリンク