お茶屋さんが作った黒烏龍茶を飲みました

スカイツリー

楽天市場で500mlペットボトル入りのお茶系の飲料を探していたところ、お茶屋さんが作った黒烏龍茶という商品を見つけました。

黒烏龍茶と言えば、サントリーが特定保健用食品として開発、販売している商品を想像しますが、こちらの商品は全くサントリーとは関係がなさそうです。従って、特定保健用食品の認可も受けていません。

サントリーのものは脂肪吸収を抑え食後の中性脂肪の上昇を抑える効果があるとされていますが、こちらの商品はどうなのでしょう?

少し気になったので、48本、購入してみました。配達はとても速くて、注文した翌々日には届いてしまいました。まずはラベルを見てみます。

原材料名は、烏龍茶(中国)、ビタミンCとなっています。
販売者は、大阪府摂津市にある緑茶流通事業協同組合です。

下記のような文言が並んでいます。

・深みのある味、豊かな香り。
・肉料理、中華料理など脂肪分の多い料理によく合います。
・自然なお茶の色と風味にこだわりました。
・当製品は国内工場にて製造しております。
・黒烏龍茶とは中国の一部の地域での水仙種や烏龍種の茶葉で作った烏龍茶の俗称です。また、本品は自然のままの茶葉で作った黒烏龍茶ですので特定保健用食品ではなく烏龍茶ポリフェノールは添加されていません。

特に烏龍茶ボリフェノールを添加していないということを強調していることが気になります。サントリーの公式サイトにあるQ&Aを読んで見ると、下記のように書かれていました。

烏龍茶ボリフェノールとは、お茶の葉が元来持つ「ボリフェノール」が半発酵により2から10程度が結合して生まれる烏龍茶特有のボリフェノールです。

さらに公式サイトを探してみると、350mlあたり、烏龍茶重合ボリフェノール70mg含有と書かれていました。この成分が外から添加されたものなのか、元来、烏龍茶に含まれていた成分なのかは、公式サイトの記載の中から関連するところを見つけられませんでした。

今回購入した、お茶屋さんが作った黒烏龍茶は特別な効能があるわけではなさそうですが、しばらく飲み続けて様子を見ようと思います。

 

コメント