米国アップル社がiPhoneの下取りサービス開始?

20130716-115647.jpg

ITmediaの記事によると、米国のアップル社が旧モデルのiPhoneを最新モデルのiPhoneと交換するサービスを開始するようです。

☆AppleがiPhoneの下取りサービスを今月にも開始か – ITmedia ニュース

米国のブルームバーグで現地時間の6月6日に報じられたようです。iPhoneの新モデルがそろそろ発表されるのではないかと言われていますが、その新モデルの発売に向けて交換プログラムも準備が進められているようです。

Apple社はBrightstarという会社と提携して今回の下取りサービスを開始するようです。すでに、このBrightstar社では米国のAT&T社などに対して同様の下取りプログラムを提供しているそうです。

すでに日本国内ではソフトバンクが旧機種を引き取るサービスを開始していますので、特に今回のアップル社の取り組みが目新しい感じはありません。ただ、興味のあるところは、アップル社のサービスを利用すると実質的にいくらで新機種を手に入れることが出来るかです。ソフトバンクでは6月は下記の価格でiPhoneの下取りを行っています。

下取りによる割引額

  • 2013年6月1日~6月30日の下取り値引き金額です。金額は予告なく変更する場合があります。

今度発表されるiPhoneがどの程度魅力的な商品に仕上がっているかもよりますが、iPhoneが昔の勢いを失ってきているような感じはします。消費者が新型iPhoneを手に入れやすくするための施策をアップル自身が準備することが大切だと判断したのでしょう。今後のアップル社からの公式な発表が気になるところです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スマホ・タブレット・AV
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント