コブクロ(KOBUKURO) LIVE TOUR2013に行きました

20130716-195352.jpg

2013年6月16日に、さいたまスーパーアリーナで実施されたコブクロ ライブ ツアー2013、One song From Two Heartsに行きました。今回のツアー、supported by glicoということで、一粒300mの江崎グリコが協賛しています。そんな江崎グリコのプレゼントで当選しました。

調べてみると大阪で希望をしたのに、さいたまスーパーアリーナの公演が当たった人もいるようです。

  ☆ コブクロライブ – ぷー太郎日記 – Yahoo!ブログ

当選ハガキとチケットの引き換えは午後4時から始まります。ちょうどその頃、現地に到着しましたので、すぐに招待者受付に向かいました。

20130616-163519.jpg

受付では当選ハガキと身分証明書を見せると、チケットと引き換えてくれます。座席がどこかは、このとき始めてわかるのですが、残念ながら400レベルの17列目と、かなりステージからは離れたところでした。

さいたまスーパーアリーナは、avexが株主総会、および株主優待ライブを実施していた頃によく来ていました。当時は早めに会場に行ってならんでいると良い席のチケットが入手できましたので、アリーナにしか座ったことがありません。400レベルの席は逆に新鮮です。

ステージ上には布のスクリーンが貼られています。4枚の布がつぎあわされているのですが、なんだかヨレヨレになっていて、映し出された映像が歪んでいます。

こちらがチケットです。

20130616-164034.jpg

20130616-164137.jpg

アリーナの中では、ときどき、グリコ二段熟カレーのコマーシャルが放映されていました。また、リハーサルの影響でしょうか?客席はスモークの白い煙で覆われています。

カメラやレコーダーなどは会場内に持ち込み禁止です。もしも持ち込んだ場合には近くの係員に預けるように案内していました。しかし、近年ではスマホ一台で静止画、動画、レコーダー機能が具備されており、どんなにカメラやレコーダーの持ち込みを禁止しても仕方が無いのではないかと思います。

こちらは会場入口で貰ったグリコからのプレゼントです。

20130616-165027.jpg

午後5時ともなると、アリーナは1/3ほどお客さんが座っています。400レベルの席は半分くらいの人が座っていました。全部で18000人の観客が集まるそうです。

そして、開演時間の17時30分が近づくとほぼお客さんが埋まりコブクロライブツアー2013“が始まりました。ライブが始まるとヨレヨレになっていた布きれのスクリーンはぱっと剥がされて、ステージ全体が見渡せるようになりました。ステージの奥にはきちんとしたスクリーンがありました。最初は「One Song From Two Hearts(新曲)」です。この曲はこのライブのタイトルになっている他、7月に発売されるシングルのタイトルにもなるそうです。そこから3曲ぶっつづけで演奏したあと、MCが入ります。コブクロのライブは今回が初めてでしたが、まさか、これほどタップリとした時間、MCに費やされるとは思いませんでした。ホテルの冷房の設定温度、観客はどこから来ているのか、観客はコブクロのライブに来るのは何回目かといったことが話題になっています。

そこから、GAME、東京の冬と2曲が演奏されて、再度、MCが入ります。そして、新曲の未来切手、紙飛行機、流星と続きました。紙飛行機ではアリーナ席の天井近くにある通路から、たくさんの紙飛行機が飛ばされていました。紙飛行機はゆっくりヒラヒラとアリーナへとおりていきます。

この紙飛行機、どんな形をしているのか判らなかったのですが、こちらの記事で写真がありました。

☆ tranquil mind 穏やかな心で コブクロさんライブ イン 札幌1日目 ②

ハート型をしていたようです。

次に舞台上で軽いセッティング変更が行われます。ここからはアコースティックな楽器が主体になります。待夢磨心(タイムマシン)、蜜蜂、Ringと続きました。そして、MCのあと、リンゴの花、LIFE FOES ON(久しぶりに黒田さんが作った曲)、またMCが入って潮騒ドライブ、メドレーと続きます。最後の曲は高校野球をテーマ(熱闘甲子園のテーマ曲)にしたダイヤモンドという新曲が披露されました。

ここからがアンコールです。場内は客電が点きませんでしたので、間違えなくアンコールはありそうです。ただ、なかなか舞台上へコブクロは出てきませんでした。そして、舞台に現れると、新曲のモノクローム、そして最後の〆は「桜」でした。ここからはメンバー全員でアリーナに突き出た花道まで出てきて挨拶です。結局、全部が終わったのは午後9時頃でした。5時30分開演でしたので、およそ3時間半にもおよぶ長い公演でした。

1.One Song From Two Hearts
2.彼方へ
3.神風
【MC】
4.GAME
5.東京の冬
6.未来切手
7.紙飛行機
8.流星
【セットチェンジ】
9.待夢磨心~タイムマシン~
10.蜜蜂
11.Ring
【MC】
12.リンゴの花
13.LIFE GOES ON
【MC】
14.潮騒ドライブ
15.メドレー
Blue bird

サヨナラHERO
この指とまれ
LOVER’ S SURF
君という希望の翼
16.轍-わだち-
【MC】
17.ダイヤモンド

【アンコール】
モノクローム

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
映画・音楽
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント