パナソニックのビエラのCMが放送拒否されている

スマホ・タブレット・AV

panasonic viera tv

パナソニックの新型テレビのCMを民法各局が放送拒否しているのだそうです。理由は、パナソニックの新型テレビである「スマートビエラ」シリーズは、放送番組とインターネットサイトなどの画面が一緒に表示されるのですが、これが関係業界で定めた技術ルールに違反するためなのだそうです。スマートビエラのサイトに行ってみると、下記のイメージ広告がありました。

viera

 

確かにこの画面を見ると、テレビ画面の横にYoutubeなどの画面が表示されています。

contents_01

消費者から見ると、便利そうな機能だと思うのですが、なぜ関係業界はこの製品を目の敵にしているのでしょう。表向きには下記の理由になっているようです。

視聴者が番組とネット情報を混同しないような表示方法を推奨。放送局が共同で策定したガイドラインは「テレビ起動時、テレビ映像を画面全体に表示するのが望ましい」と明記

しかし、消費者から見れば、今回のスマートビエラの画面を見る限り、テレビとネット情報を混同するわけがありません。このような画面までもを規制するのは非常におかしいことだと思います。本音のところでは、そのうちテレビ放送からインターネットにシフトしてしってしまうことを恐れているのではないかと予想しました。

ただ、業界のエゴのために消費者の利便性を妨げるような協定を行うことは、間違えなく、業界自体が消滅する第一歩を歩んでいるのではないかと思います。本来は通信と放送を融合し、消費者に対して、より利便性の高い商品を提供する努力をするべきでしょう。

今回、CMの放送を拒否していること自体、シークレットになっていたはずです。どのルートからリークされたのか気になるところです。

コメント