中央総武線の電車が点検が必要な場所で停車

東中野-中央総武線

大久保から東中野に向かう途中、緊急停止を知らせる無線を受けたために、電車が緊急停止をしました。その停車した位置がたまたま車両の点検が必要な箇所に止まったがために、車内の電気のうち一部が消えてしまいました。冷房もきれています。各車両につき、二つだけ蛍光灯がついている状況になっています。

2分ほどで緊急停止信号の理由がわかり発車できる状態になったのですが、たまたま乗っていた電車は安全点検の必要があるのだそうです。電灯は相変わらず消えたままです。

そして、点検の準備を進めているという放送がありました。いったい、どんな点検が必要なのでしょう。どうやら、長期戦になってしまいそうです。

向かい側の千葉方面や中央線が動きはじめてしばらくすると、電灯がすべてつきました。そして、東中野寄りにゆっくりと電車は走行しました。

その後、その区間をすぎたあたりで、もう一回、電車はとまりました。まだ、一部の車両では電気が消えているそうです。ここでもう一回、点検をしたあと、全部の車両の電気がついて、電車が走行できるようになります。

20130806-184245.jpg

20130806-184301.jpg

20130806-184315.jpg

調べてみると、東中野と大久保の間には東中野変電所があるようです。ちょうど、二種類の変電所が切り替わるポイントで電車が止まってしまったのかもせれません。

ただ、特にデッドセクションと呼ばれる絶縁区間があるわけでもなさそうですし、なぜ再度発車するまでに苦労していたのか今のところわかりません。

ちなみに、Yahoo!路線情報では下記のように掲載されました。

路線名:中央総武線(各停)

東中野~大久保駅間で車両点検を行った影響で、一部列車に遅れが出ています。
(8月6日18時48分現在)

コメント