iPhone4sでiOS7へアップデートしました

20130919-091527.jpg

9月18日はiOS7が公開されると予告されていた日です。現地時間の9月18日なので、日本時間では深夜から朝方にかけての公開と予想されます。寝る前にソフトウェアアップデートを確認したところ、まだ公開されていませんでしたので、そのまま寝ました。

私はiPhone4sを使っています。今回のアップデートの対象機種に含まれていますが、最も心配なことは、操作した時にモッサリと遅くなるようなことがあるかないかです。

朝7時前に起きて、iOS7に更新した人の感想をネットで探して読んでみると、「良い」という評価が圧倒的です。もっさりと遅くなって使えなくなるという評価もありませんでしたので、思い切って更新してみることにしました。

まず、ソフトウェアアップデートのチェックに行くのですが、サーバが過負荷のためでしょうか?、エラーが表示されてしまいます。諦めずに、何回かリトライをしていると、5回目くらいで更新が見つかりました。

20130919-090616.jpg

朝7時15分ごろからアップデートを開始しました。Wi-Fi環境でダウンロードしましたが、かなりファイルが大きかったようです。7時40分ごろまでダウンロードを続けていました。

そこからは、更新の準備という段階になるのですが、これがまた長かったです。きっと圧縮したファイルの解凍を裏でしていたのでしょう。

更新の準備をしている途中で、会社に行かなければいけない時間になりましたので、充電コードからiPhoneを外して、更新中のiPhoneをポケットに入れて会社へと向かいました。

そこから20分間ほどで、ようやくアップデートが終了しました。画面の明るさが最小になってしまったみたいで、屋外だとほとんど画面が見えません。認証しなければいけない画面がありましたが、キーボードからパスワードを打ち込めないので、暗いところを見つけて、そこで認証をしました。

画面を見てみると、アップル社が言っているように、確かに今までのアップデートの中で一番変化が大きいです。特にフラットデザインになったことで、すぐに今までとは違うことに気がつきます。

フラットデザインは少し軽薄な感じでチープな端末に見えるのではないかと心配していたのですが、意外にもシンプルさが強調されてゴチャゴチャ感がなくなり、アップルの製品という雰囲気がさらに醸し出されるようになっていました。

最初は使い方に戸惑う場面もありました。

最も困ったのは、ホームボタンを二度押ししてタスクリストが出たあとに、どうやってタスクを終了させるかについてです。ネットで検索してみると、その答えはすぐに見つかり、上に出ているスクリーンのイメージ自体を上方向にスワイプすればタスクが終了しました。

通知センターは上からの引き出し、コントロールセンターは下からの引き出しです。どちらも違和感なく操作することができます。特にコントロールセンターについては、今まで設定アイコンをいちいち押さなければいけなかったような設定が簡単にできるようになったので、大幅に操作性がアップしました。

心配していたモッサリ感ですが、確かに少しは遅くなって、操作をしたときに、もたついているような印象を持つ場面があります。

ただ、アップデートをした直後は検索機能で使うデータベースをアップデートしていて、少し遅くなることがあるようなので、時間を置いてからもう一度操作性を確認してみようと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
スマホ・タブレット・AV
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント