実燃費の計測について

日産のラフェスタというクルマを購入してから、ずっとガソリンを入れるたびに、オドメーターの値とガソリンの注入量を、iPhoneアプリ「Road Trip」に投入してきました。

クルマに燃費計が付いていれば計測するのは簡単なのですが、平成17年の前期型ラフェスタなので燃費計が装備されていません。今まで、かれこれ、10万Km分以上のデータがたまっています。今までトータルの平均燃費は約12Km/Lでした。正直、ハイブリッドでもなんでもない、7人乗りのミニバンの実燃費にしては非常に良いのではないかと思います。

ラフェスタの燃費

こちらのサイトを見ると、同じラフェスタの燃費データが色々と集まっています。

 ☆ラフェスタ/日産|燃費記録|みんカラ – 車・自動車SNS

これを見ると、平均では10.28Km/Lとなっています。みんカラに集まっているデータよりも、長距離を乗る機会が多いためだと思います。

燃費は毎回の給油ごとに大きな変動があります。街中の信号が多いところで、走ったり止まったりを繰り返しているような場合は燃費が大きく悪化しますし、大きな渋滞にはまったときも酷い燃費になります。また、エンジンをかけたあとに10Kmも走らないようなチョイ乗りを繰り返したときも燃費は非常に悪くなります。最悪では7Km/L程度まで悪くなってしまったこともありました。

逆に燃費が良くなるのは、高速道路で80Km/hや郊外の信号の少ない道路で、ずっと法定速度程度で走ったときの燃費は非常に良くなります。できるだけアクセル開度を一定にして走れば、15Km/L以上の燃費をマークできることもあります。こちらが給油の度の燃費になります。

日産ラフェスタの燃費

上記の画面を見ると、10月26日に給油したときには、9.83Km/L、そして10月27日に給油したときには15.22Km/Lと大きな違いが出ました。ただ、ここまで差が出るような条件の違いはあまり考えられません。一つ考えられるのは、10月26日に給油を行ったガソリンスタンドでは、注入孔に入れるパイプの部分が短かったことです。もしかすると、26日には同じ満タンでもより多くのガソリンが入り、27日の給油時には少なめにしか入らなかったのかもしれません。

コメント