利根水郷ラインを銚子から我孫子市までドライブ

旅行・ドライブ

利根川

銚子から常磐道の柏インターに向かう際、利根水郷ラインを利用しました。この道は主に国道356号線および千葉県道170号線となり、延長は90Km超です。

一部は市街地を通る区間もありますが、かなりの区間が利根川沿いで、信号が少なくストレスをあまり感じることなくドライブすることができます。一部を除いては2車線の対面通行です。また、センターラインは黄色くなっている場所が多いので、前に時速30Km程度の遅いクルマがいた場合はじっくりとそのあとを走るしかありません。ただ、そのようなクルマは長距離を走ることは希で、どこかで曲がることが多いので、辛抱強く待ち続けることが重要です。

利根水郷ラインですが地図で見ると下記のようになります。


大きな地図で見る

今回は銚子を出発したのが午後2時30分頃、そして柏に到着したのが午後5時頃でした。渋滞箇所はほとんどありませんでしたが、2箇所で渋滞に遭遇しました。

一つは成田線の布佐駅近くにある栄橋です。こちらでは、右折するクルマがたくさんあり、右折車線を完全に使い切ってしまい、直線方向の車線が通れなくなってしまっていました。地形を見ると右折車線をこれ以上、長くすることは難しそうでしたので、できれば右折信号の時間を長くして貰って、右折車線の滞留を少しでもなくすような制御をしてほしいところです。

そして、もう一つの渋滞は我孫子市に入ってしばらく行ったところです。かなり前の方で赤いサイレンが見えたり、また救急車の音も聞こえましたので、交通事故が発生したのかもしれません。ほとんど車列が動きませんでしたので、左折する道を見つけて、足尾山神社の方へと下りていきました。

便利な道なので、今度は銚子方向に行く際にも利用してみたいと思います。

コメント