調布保谷線の神代植物公園付近から野崎までを歩きました

元旦に深大寺で初詣をしたあとに調布保谷線を北へ向かって歩きました。こちらは武蔵境通りと呼ばれていて、昔は2車線のバス道路でした。

だるま市や初詣など深大寺に人が押し寄せる時期には、頻繁に渋滞が発生して通過するのにとても時間がかかっていました。ところが東八道路から南側はとても広い道路として整備されています。

東八道路から北側についても工事が着々と進んでおり、やがて東伏見の交差点を過ぎ西東京市役所保谷庁舎まできれいな道として整備される予定です。西東京市役所保谷庁舎より北側の部分についても整備が進んでおり、やがては練馬インターチェンジまでとてもアクセスが良くなる予定です。

こちらが深大寺付近の調布保谷線です。車道は基本は二車線ですが交差点付近などでは右折車線が増えます。

車道の部分

バス停の部分は少し歩道が狭くなっていて、バス停車中に後ろのクルマが追い越しをできるようになっています。

バス停

自転車道と歩道はそれぞれにクルマが一台通れるほどに広いです。

広い自転車道と歩道

調布保谷線に関する案内がありました。

調布保谷線の案内

国土交通大臣賞もとったようです。

国道交通大臣賞

バス停

一部では少し歩道が削られて側道が作られています。近隣の住人の人がクルマを止めて人の乗り降りや荷物の積み下ろしができるようにしているのでしょう。

側道

こちらはつい最近まで鉄工所があった場所です。ここで道が狭くなっていました。今も車線がここで絞られています。

立ち退いた鉄工所の付近

こちらは東八道路と調布保谷線が交差する場所です。どちらもとても広い道ですので交差点もとても大きいです。

道路が狭くなる東八道路との交差点付近

この交差点には洋服の青山が営業していますが、こちらの店舗は調布保谷線の拡幅エリア上に建っているので立ち退きが迫っているのではないかと思います。ギリギリまで営業するのでしょうか。

立ち退きがせまる洋服の青山

東八道路との交差点

こちらにはドンキホーテもありますが、こちらは拡幅エリアにはかぶっていないので大丈夫なのではないかと思います。

ドンキホーテの看板

閉まっているドンキホーテ

こちらの角には野崎八幡もありますが、すでに拡幅エリア部分は立ち退いていて、少し東側に移動しています。

野崎八幡

ここから北は昔ながらの2車線道路です。ただ、すでに拡幅の工事は進んでいます。

東八から野崎交差点

東八から野崎交差点まで

野崎交差点より北の工事エリア

こちらの中華一番は拡幅エリアにかかっているのか否か微妙な場所でした。

中華一番

コメント