iPhone4sをiOS 7.0.6にアップデート

iOS7.0.6

 iPhoneのホーム画面を見てみると、「設定」のアイコンに「1」というバッジがついていました。何事かと思って、設定アイコンをタップしてみると、iOSのアップデートがあることをお知らせしていました。今度のバージョンは、iOS7.0.6です。

 アップデートの対象機種は下記の通りです。

 ・iPhone4以降
 ・iPad2以降
 ・iPad mini
 ・第五世代iPod Touch

 今回のバージョンアップではあまり大きな改変があるわけではなさそうです。調べてみると、SSL接続にかかわる動作上の問題などがアップデートしているそうです。

 さらに、iOS6.1.6も公開されました。こちらの対象機器は下記の通りです。

 ・iPhone3GS
 ・第四世代iPod Touch

 Apple TV向けのApple TV6.0.2も提供されています。これらについてもSSL接続時の問題が修正されているそうです。

 この修正されたバグの内容はどんなものだったのか、appleの発表だけではよく判らなかったのですが、ネットで検索してみると、セキュリティ的にかなり深刻な不具合だったようです。

 ☆金曜日にAppleはiOS 7の深刻重大なバグを修復 | TechCrunch Japan

 ☆アップル iOS 7.0.6提供開始、SSLの脆弱性を修正。OS X にも同じバグ発覚 – Engadget Japanese

 今回、iPhone4sをiOS7.0.6にアップデートしてみました。自宅のWiFi環境でiPhoneを充電しながらソフトウエアアップデートを実施しました。約15分強でiOSのアップデートが完了しました。特にホーム画面の見た目など、外から見ると何が変わったのかまったく判りません。しかし、ソフトウエアのバージョンを確認すると、間違えなく7.0.6になっていましたので、これで問題は解消されたのでしょう。

【2014/02/28追記】

 iOS7.06にアップデートした一部利用者で、バッテリーが異常に消費されてiPhone本体が暖かくなるトラブルが発生しているようです。

 ☆【アップル】リリースされたばかりの「iOS7.0.6」にバッテリー消費が速くなる問題発覚 / 一部ユーザーの間で不具合発生中 | ロケットニュース24

 もしかすると、さらに改良したiOSが公開されるかもしれません。私自身はアップデート後もとくにバッテリーの消費に関して問題は発生していません。

コメント