Appleが「CarPlay」を発表

iphone5

アップルは3月3日に「CarPlay」を発表しました。Appleからの発表を受けて提携している各自動車メーカーからも発表が行われています。

この機能はクルマに乗っている際にiPhoneを安全に利用することができるようにするためのもののようです。この実現にあたっては既にiOSに組み込まれているパーソナルアシスタント機能のSiriが活躍しています。

例えば、

・Siriを使って連絡先を呼び出す
・電話をする
・Siriが着信メッセージを読み上げる
・不在着信があった相手に返信する
・ドライバーが音声で返事を出す
・Siriを使った音楽の再生指示

などが使い方の例としてあがっていました。

対応機種

iPhone5
iPhone5s
iPhone5c

Lightningケーブル対応のiPhone。
CarPlayはiOS7のアップデートに含まれる形で提供。

対応機器を発売する自動車会社

CarPlayに対応したクルマを販売する会社は下記の通りです。

・フェラーリ
・ボルボ
・メルセデスベンツ
・本田技研
・三菱自動車
・日産自動車
・富士重工業
・スズキ
・トヨタ
・BMW
・フォード
・ゼネラルモータース
・現代自動車
・ジャガー・ランドローバー
・起亜自動車
・PSA・プジョー・シトロエン

2014年度から販売される一部のモデルには搭載されるようです。

CarPlayに対応したカーナビなどの車載機器上のインタフェースでCarPlayを簡単に操作できる他、ステアリングホイールの上にあるボイスコントロールボタンを押し続けると、Siriを起動できます。従って、車載ディスプレイのタッチだけに頼ることなくできるだけハンドルから手を離さないように、声でコントロールして、目で見たり声で聞いたりするインタフェースを基本にしているのかもしれません。

もともとは、「iOS in the Car」という名前で2012年6月に発表されていました。当時は1年以内に出すと説明していたのですが、遅れていました。少しAppleらしくないネーミングだとは思っていたのですが、ここに来て名前がCarPlayに変更されたようです。すでに、AppleTVにAirPlayという機能がありますが、これにならった名前をつけたようです。

iPhoneにSiriが搭載された後、しばらくは物珍しさで使っていたものの、今ではその面倒臭さからほとんどSiriを使っていません。今度、CarPlayができるようになったとして、その意図の通りに使われるようになるのかいなか、気になるところです。

VOLVOからCarPlayの動画が公開されていました。

【2014年3月13日追記】

アスキーの記事によると、現在、Siriでサポートしている、電話をかけたり、音楽を再生したりといったことは対応しているものの、日本独自のシステムである渋滞情報表示システムのVICSについてはサポートされないようです。

また、ライトニングケーブルで車載機器に接続する必要があり、無線を使った接続はできないと紹介されていました。ケーブルで接続することを必須にすると明らかに使いにくくなると思うので、この記事が本当であれば残念です。

【2017/08/14追記】

今の所、あまり普及していないようです。特に日本ではiPhoneの普及率が高いところもありますので、もっと急速にCar Playが普及するものだと思っていました。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
自動車・カー用品・メンテナンス
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント