SoftBankのiPhone4sからdocomoのiPhone5sへデータ移行

スマホ・タブレット・AV

iphone 5s-touch

先日、一括ゼロ円のiPhone5s(docomo)を入手したので、早速、iPhone4s(SoftBank)からデータの移行をしました。ガラケーやAndroidから移行したときと比較すると簡単なはずです。ショップからは説明書をもらっていましたが、こちらを読みつつ、ネット上でも参考になる情報を探して読んでおきました。

基本的にiPhoneどうしの移行は、古い機種を母艦となるパソコンに接続してフルバックアップ、バックアップが終わったら古い機種をパソコンから外して、今度は新しいiPhoneを同じパソコンに接続、復元を実施します。

このバックアップをするときに大事なことが一つあります。

iPhoneのバックアップ

上記の設定で、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れることです。これにより、このiPhoneに格納されているアカウントパスワードのバックアップも作成されます。たとえば、登録しているWiFiのパスワード、アプリケーションのIDやパスワード、LINEのトークの履歴といったものがバックアップされます。また、バックアップから復元する際にもパスワードが必要になりますので、知らない人が勝手に復元することができなくなります。

復元する際はバックアップ時に指定したパスワードが必要になりますので、必ず忘れないように、たとえばメモをとっておく必要があります。今回、iPhone4sからiPhone5sへ移行を行いましたが、かなりの部分が無事に移行できました。

ただ、少し判らなかったことは、iPhone4sでインストールしてあったアプリケーションの一部がiPhone5sに復元されなかった点です。また、復元されたアプリのうちかなりの部分のバージョンが古く、復元のあとからアップデートをする必要がありました。パソコンにフルバックアップをとってパソコンから復元したつもりだったのですが、もしかすると、iCloudにバックアップして、iCloudから復元してしまったのかもしれません。ただ、大きな不具合はありませんでしたので、これでよしとします。

コメント