LTE契約が急増し固定高速インターネット回線数を超えた

インターネット

xperia z

現在、新しい携帯電話やスマホを購入すると、高速にインターネットを楽しむことができるLTE回線に対応した端末がほとんどになっています。この契約数が2013年末に3876万件になったという総務省の調査結果を使った報道が日経新聞でありました。前年同期と比較して2.8倍になっています。また、携帯電話の全契約数が1億4105万件であるのに対しては27.5%という率です。

この数字は光回線やADSL回線、CATVインターネットなど、固定の高速回線の契約数(3579万件)を初めて上回る結果になりました。

LTE回線については、一番最初はNTTドコモから2010年12月に「Xi(クロッシィ)」という名前でサービスが開始されました。現在ではau、SoftBankでもLTE回線のサービスが2012年9月から提供されています。SoftBankではELT(Every Little Thing)をCMに起用して宣伝していました。LTE回線は短期間のうちに2001年にサービスが開始された3Gをかなりの勢いで置き換えていることがわかります。

一方でフレッツひかり、auひかり、CATVインターネットなどの家庭用固定回線については、前年同期比でわずか1.4%の微増にとどまっています。NTTグループの光回線サービスであるフレッツ光の2013年度の契約純増数は目標を3割下回る70万件でした。

これから新しく一人暮らしを始めたり、所帯を持つ人にとって、もはや固定回線をひくことの意味はかなり少なくなってきています。スマホが1台あれば、電話はできますし、簡単なネットでの調べ物やメールも簡単です。さらにテザリングを使えばパソコンなどの無線LAN機器をネットにつなげることまでできてしまいます。一ヶ月の通信量か7GB以内に収まるのであれば、あえて固定回線を引かないという選択肢は十分に有りだと思います。

また、NTTグループは携帯電話事業と固定電話事業が手を組んだ割引サービスを実施することができません。auやSoftBankではこのサービスに力を入れているので、NTTグループにとっては非常に不利になってしまいます。例えばauであればスマートバリューを使うことで携帯電話と固定回線を単純に足し合わせた料金から1480円値引きされます。

すでにauやSoftBankも契約者数が増えてきてNTTグループとも互角に戦える状況が整ってきているので、NTTグループに対する規制は緩和する方向で検討が進められていることが報道されています。

もしも出来るだけ安くスマホを使いたいということであれば、LTEの回線契約をすることがベストとは限りません。現在ではMNPでiPhone5s一括ゼロ円などのキャンペーンを利用することで、利用料金を二年間、3000円以下に抑えるといったこともできますが、このようなキャンペーンを利用できない場合には7000円前後になってしまいます。

このような場合、あえて3G専用のSIMフリースマートホンを購入し、格安のSIMカードで節約をするような使い方も行われているようです。

 ☆LTE時代の盲点 意外に快適な3G専用SIMフリースマホ/タブレットのススメ – ライブドアニュース

自分のライフスタイルに照らし合わせて考えたとき、どのような契約をするのがもっともお得になるのか、徐々に考えるのが難しい世の中になってきたと思います。

コメント