iOS8ではサードパーティの日本語入力ソフトが使える

シェアする

iphone5s

昨晩、AppleではWWDCを開催しましたが、その中で最も気になったニュースは、iOS8で純正以外の日本語入力ソフトが使えるという情報です。

今まではiOSとしては純正のキーボードで日本語を入力するしかありませんでした。やはり、パソコンなどで使っている変換効率の高いATOKのようなソフトを使いたかったのですが自由になりませんでした。

ATOKはもともとは一太郎に付属していた日本語変換ソフトでした。バージョンアップを重ねるとともに、変換精度がどんどん上がっており、今でも私自身はATOKを使って文書を書くのが一番効率が良いです。パソコンやAndroid携帯ではATOKを日常的に使っています。(Androidでは他社製の日本語変換アプリを使えるようになっています)

ジャストシステムではATOKPadというアプリを販売して、iOSにFEPを組み込むことができないハンディをなんとか乗り越えようとしました。メモ帳アプリにキーボードがついているようなソフトです。他のアプリを使っているときにも文字入力の局面になったらATOKPadを呼び出して無理矢理にでもATOKを使えるようにしようとしていました。ただ、このAPIに準拠したアプリが特別に増えるようなこともなく、残念ながらATOKPadを使う局面もさほど増えませんでした。

ただ、私自身はATOKPadも購入して、ATOKPadと連携しているアプリではできるだけATOKを使うようにしてきました。

しかし、iOS8ではようやくIMEの開発がApple社以外でもできるようになり、利用者が好みのIMEを使えるようになります。ジャストシステムのATOKはもちろんのこと、Google IMEも提供されるかもしれません。

iOS8の提供は秋が予定されています。今から楽しみです。

【2014/06/04追記】

 手書きノートアプリを開発しているMetaMojiが、iOS 8に対応する手書き日本語入力「mazec」をリリースすることを発表したほか、ジャストシステムでも予想通り「ATOK」を、iOS 8に対応するIMEとしてリリースを検討していることようです。

 ☆iOS 8のサードパーティ製IME、ATOKとmazecが名乗り

 アンドロイド版mezacについては、こちらで紹介されていました。

 ☆7notes with mazec for android

 手書き入力を特徴としたIMEのようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク