NHKの音楽番組「SONGS」で7月26日はABBAを特集

ABBA

SONYのDVDレコーダー「スゴ録」で録画されていた番組をチェックしている中で、NHKの音楽番組「SONGS」がありました。最近、良質な音楽番組が減ってきた中、こちらの番組では毎回、あるアーチストを特集して音楽を紹介してくれます。そして、今回録画されていたのは、2014年7月26日に放送された「ABBA」の特集でした。今年でデビュー40周年を迎えるのだそうです。番組の中ではリーダーの「ビヨルン・ウルヴァース」氏がSONGSの独占インタビューに答えています。

この番組を見るまで、なぜ「ABBA」というグループ名をつけていたのかも知りませんでした。このグループ名、二組の夫婦のそれぞれの名前の頭文字を1文字ずつ取っているのだそうです。Wikipediaを調べてみると、もともとは、「Björn & Benny, Agnetha and Anni-Frid」という名前だったのだそうです。

1974年から1982年までに8年間でシングルとアルバムをあわせて3億8000万枚もの販売記録を達成しているのだそうです。信じられないほどの数字です。そして残念ながら1983年に活動休止しました。解散宣言は公式には行われていないそうです。

ただ、ずっと順調だったわけではありません。しばらくヒット曲が続かず、一発屋と言われていた時期もあったそうです。勝手にシンドバッドを発売してからヒット曲がでなくて苦労をしたサザンオールスターズのことを思い出しました。

しかし、その後発売された「ABBA」というアルバムの中から2曲のヒット曲が出ました。SOSとマンマミーアです。

これで自信をもって全米ツアーを行ったところ、これがあまりうまく行かず、当時のディスコミュージックを中心にアメリカでヒットしている曲を振り返る中で生まれたのが、ダンシングクイーンだったのだそうです。

ABBAの楽曲で構成されたミュージカル「マンマミーア」についてはミュージカルとして1999年から現在に至るまでロングランの公演が行われています。こちらが劇団四季の公式ページです。

 ☆『マンマ・ミーア!』作品紹介|劇団四季

また、映画化もされました。

素晴らしい曲がたくさんあり、ABBAのベストアルバムはiPhoneの中にいつも入っています。大事にしていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
映画・音楽
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント