Yahoo!カーナビ登場。VICS対応でしかも無料

シェアする

クルマ-ドライブ

もうクルマに乗っているときにナビを使うことはとても一般的になってきた上、カーナビ専用機の値段もとても安くなってきました。また、スマホで使うことができるカーナビアプリが各社から公開されているほか、グーグルからは無料で使うことができるカーナビアプリまで公開されていました。

そんなところへ、今度はヤフーからiOSおよびAndroidスマホ・タブレット向けにカーナビアプリが公開されました。その名前も、「Yahoo!カーナビ」です。こちらのYahoo!カーナビは無料カーナビアプリとしてははじめて、VICSに対応しました。VICSとは道路の渋滞情報や規制情報をカーナビ向けに配信してくれるシステムです。この情報をもとに、Yahoo!カーナビは渋滞や通行止めを回避したルートを音声と地図で案内してくれます。分岐点では交差点名を音声で案内する機能も付いています。

ポータブルナビでもVICS情報の表示や規制情報を使ったルート検索をしてくれる機能が付いている製品はあるのですが、VICSを使って渋滞回避をしてくれる機種はほとんどありません。これは、光ビーコンなどをクルマに設置してVICSセンター側にクルマから渋滞情報を提供しないと、ルート検索にVICSの渋滞情報を使ってはいけないという決まり事があるためです。Yahoo!カーナビが渋滞回避に使っているということは、Yahoo!カーナビから位置情報をもとにして渋滞情報をVICSセンターに送る機能が内蔵されているのかもしれません。

さらには、一般道路、高速道路ともに道路のレーン情報や分岐のイラストが表示されるというので、かなり高性能です。また、スマホやタブレットの特性をいかして、ガソリン価格情報を反映したガソリンスタンドの検索や、全国31000カ所にものぼるJAFの会員優待施設の案内まで付いています。

高速道路を走行中には出口インターチェンジまでの便利な情報が運転をサポートしてくれます。たとえば、インターチェンジやサービスエリア、パーキングエリアまでの所要時間、施設情報が表示されます。

ほかにも、満車・空車が一目で分かる駐車場検索機能まで付いています。これを使えば、タイムズやリパークなどをはじめとした全国約24000カ所の時間貸し駐車場についてリアルタイムに5分から10分間隔で満車・空車情報が提供されます。

これだけの機能が無料で提供されるというのは素晴らしいことだと思います。ナビタイムのドライブサポーターはクルマのルート検索や道路交通情報などは有料で提供していますので、今回のYahoo!カーナビの発表はかなりの打撃があるのではないかと思います。

今回のYahoo!カーナビの発表、公開を受けて、今後、有料でカーナビアプリを提供している各社がどのような反撃をするのか、気になるところです。

【2014年8月2日追記】

土曜日にどらいかをした際、実際にYahoo!カーナビを使ってみました。ネクサス7にインストールして車載、ネクサス7にはUSBケーブルを接続し充電しながら使いました。また、WiFiを有効にして、ドコモのiPhoneでテザリングをしながら使いました。

20140802-161612-58572932.jpg

正直、専用カーナビと何ら遜色なく使うことができます。使う前にテザリングの設定をしたりするのは面倒ですが、逆に言えばそれさえ済ませればあとは専用カーナビと同じように使えます。

VICSを使った渋滞回避ルートの検索もとても利口なルートを選択してくれて驚きました。

交差点名は合成音声での案内なので、少しイントネーションがおかしいですが、十分にどこの信号で曲がれば良いのかはわかるレベルです。

ゴリラにはついている踏切の案内はありませんでしたが、無くても自分が気をつければ良いだけの話しなのでなんとかなります。

あとはこれにオービスなどの警告が追加されれば怖いものはないと思います。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク