東京駅開業100周年記念Suicaは3日間で約170万枚の予約

シェアする

suica

JR東日本は昨年の2014年12月20日に東京駅の開業100周年を記念してSuicaを販売しましたが、想像を上回る人が買いに来て東京駅で大きな混乱が発生してしまい、途中で発売を中止しました。そして、JR東日本では当初は1万5000枚までとしていた販売枚数を、希望者全員がインターネットサイトまたは郵送申し込みで購入できるようにすると発表していました。そのSuicaの受付が1月30日から開始して、2月2日午前8時時点で約170万枚もの申し込みがあったそうです。実に当初販売予定数の100倍以上です。年度内に印刷が可能な枚数は10万枚までですので、希望者全員に配送が終わるまでにはかなりの期間が必要になりそうです。

私自身は当初はまったくこの記念Suicaが発売されることを知りませんでした。今回、全部で170万枚の申し込みをした人も当初はこのSuicaの発売を知らなかった人も多いのではないかと思います。昨年、東京駅で販売したときに混乱したことが大きくニュースで取り上げられたり、売られた分がオークションにかかり価格が高騰したりと、とても話題になったことで、今回の購入希望者増につながったのではないかと思います。

JR東日本では10万枚を準備して入金を確認できた順に発送する予定でしたが、今回、多数の申し込みがあったことを受けて、2月9日の締め切り後に発送先の抽選会を実施する方式に変更しました。早く入手したいがためにいち早く購入申し込みをした人の入手時期が遅れてしまう可能性がありますので、問題になるのではないでしょうか。

記念Suicaは1枚2000円で、デポジット500円、チャージが1500円となっています。デポジットはカードをJRに返却する際に返ってきますし、チャージ分は切符の購入に買えるはずなので、特別なプレミアムやカードの制作費などの価格は上乗せされていないようです。

まだ、申し込み期間は2月9日まで残されています。あと1週間で申込枚数がどこまで増えるのか気になるところです。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク