日産ラフェスタのプッシュリベット・トリムクリップを交換

シェアする

エーモン プッシュリベット1934

平成17年式の日産ラフェスタ(B30)に乗っているのですが、今までバッテリーの交換や配線などをするためにボンネットの中をいじったり、内装をはがしたりということを何回か実施しました。クルマの内装などにはプッシュリベットやトリムクリップといった接続部品が利用されています。これらはプラスチックで作られているため、何年か利用しているうちにどうしても劣化してしまい、取り外す際などに割ってしまうようなことが出てきます。

私もボンネットを開けたところにあるエアダクトをとめてあるプッシュリベット、助手席側足元にあるカバーの中にあるトリムクリップをそれぞれ壊してしまっていて、仮止めしている状態になっていました。仮止めの状態を続けるのもまずいので、南多摩尾根幹線道路を町田方面から稲城に向かって車で走る機会があったので、道沿いにあるジェームスに寄りました。

こちらのジェームスは一階がピットやタイヤの売り場になっていて、二階にカーアクセサリーなどの販売コーナーがあります。二階にあがって部品の売り場を探してみると、奥のほうに売り場がありました。いろいろな種類の商品があり、どれを購入すればよいのか、今一つよくわかりません。

そこで、iPhoneを使って検索してみると、エアダクトをとめるためのプッシュリベットの品番はすぐにわかりました。エーモンのプッシュリベット1934が良いようです。

エーモン プッシュリベット1934

『バッテリー交換』

我が家の車 ラフェスタ のバッテリー交換実施!前回交換してからそろそろ3年載せてたのは「カオスライト」本当ならもう少し頑張るだろうなぁと思っていたんだけど1度…

ameblo.jp

そして、足元のプラスチックカバーの取り付けで使うトリムクリップについてはなかなか品番がわかりませんでした。

仕方がないので、いったん駐車場に停めてある車に戻って、足元のパーツを外して中のトリムクリップをサンプルとして一つ外しました。そのサンプルをもってもう一度売り場に戻って適合するものを調べてみると、エーモンのトリムクリップ1941がぴったりサイズでした。

エーモントリムクリップ1941

商品番号もわかったので、今度購入する際にはネット通販で購入することにしたいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク