埼玉県「ふるさと割+お土産クーポン付きプラン」を利用して秩父で宿泊

シェアする

blog-seo

先日、岩手県で「ふるさと割」を使って八幡平ロイヤルホテルに宿泊しました。非常にお得に泊まることができて良かったです。

「いい旅・いわて・おもてなし旅行券」で八幡平ロイヤルホテルに宿泊

「いい旅・いわて・おもてなし旅行券」というクーポン券が11月16日に楽天トラベルで配布されました。ちょうど、16日の夜に八幡平周辺で宿泊する予定があったので、クーポンを取得しておきました。

www.painfo.net

そこで、今回は埼玉県の「ふるさと割」を利用して秩父のホテルに泊まりました。年末年始休暇にどこかに行こうと思い、真っ先に「ふるさと割」が配布されている都道府県を探してみました。

やはり「ふるさと割」は人気があるので、公開すればかなり早いタイミングで完売御礼になってしまう傾向があるようです。かなりの都道府県が完売御礼に鳴っている中、楽天トラベルで埼玉県の「ふるさと割」が残っているのを見つけました。

何種類かあるのですが、今回は21000円以上の宿泊で10000円引き+2000円のお土産クーポン付きというプランにしました。最大で宿泊料金が半額になり、しかもお土産クーポンまで付いてくるのは嬉しいです。この時点では、これよりも還元額が大きいプランについては既に配布を完了していました。

こちらの「ふるさと割」ですが、埼玉県で全ての施設、プランでこのクーポンが使えるわけではありません。クーポンのページにあるリンクから検索をすると該当のプランだけを検索することができます。

そうすると、秩父から少し離れたところにある温泉旅館がヒットしました。1泊2食付き、二人で28000円あまりでしたが、1万円引きで約14000円(一人7000円ほど)で宿泊することができます。利用条件は2015年12月11日チェックインから2016年1月31日チェックアウトまでの宿泊で有効です。

プレミアム旅行券(ふるさと割)は、地域振興のためにも確実に有効ですし、観光客にとってもメリットが大きいです。ぜひ、これからも販売して欲しいと思います。

【2016年1月18日追記】

なぜか、楽天トラベルから埼玉県のふるさと割がなくなりません。1万円のクーポン券は使ってしまったので、重ねての発行はできませんが、1万5000円のクーポン券は発行することができたので、また使ってみることにしました。

二度目に使ったのは熊谷市にあるホテルヘリテイジリゾートというところです。ここは、以前、日帰り温泉で使ったことがあるだけで、ホテルに泊まったことはありませんでした。

夕食はフレンチ・イタリアンのディナーコース、朝食はバイキングという組み合わせで、ゆっくりとすることができました。

3000円のお土産券をもらったので、こちらは秩父駅併設の地場産センターに立ち寄り、豚の味噌漬けを購入しました。とてもお得でしたので有難いです。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク