エーハイムの底面フィルターを入手

現在、120cmの水草水槽では外部フィルター2台でろ過を行っています。一台はエーハイムプロフェショナル3e 2078、そしてもう一台がエーハイムクラシック2217の二台です。

ろ過能力的にはこの二台で十分だと思っていたのですが、意外と水質が安定せずに藻が減りません。

ろ過能力をアップするために、もう一台準備するというわけにはいきませんので、底面吸い込み、または底面吹上を実現したいと考えています。これが実現できれば、底砂がろ材として機能してくれるようになるので、効果は大きいと思っています。

底面吸い込み、または底面吹上を実現するためには、二台あるうちのどちらかの外部濾過装置に接続しなければいけません。

エーハイムプロフェショナル3e 2078は電子制御をしているために、吸水口または吹き出し口に負荷を与えてはいけないことになっています。したがって底面濾過を追加するためには、必然的にエーハイムクラシック2217の吸水口または排水口に接続する形となります。

底面吸い込みにすると、どうしても底砂に汚れがたまってしまうので、底面吹上が良いのではないかと思っています。

底面濾過装置としてはエーハイム純正品の装置を購入しました。

コメント