現在販売されている4Kテレビ単体では今後の4K放送は受信不可能と総務省が通知

シェアする

TH-40CX700

総務省から非常に残念な「お知らせ」が発表されています。タイトルは「現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビによるBS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ」というものです。

総務省では2015年に4K、8K推進のためのロードマップを策定して、平成30年に衛星放送による超高精細度なテレビ放送(4K・8K放送)の実用放送を開始することを宣言しています。

現在市販されている4Kテレビでは124度、128度CS放送、ケーブルテレビ、IPTVによる4K放送、インターネットによる4K配信サービスを視聴できるようになっています。しかし、平成30年に衛星放送による実用放送を開始するのにあたっては今までと違う伝送方式を採用することにしているのだそうです。従って、別に外付けのチューナー等を購入して現在の4Kテレビに接続した上で視聴しなければいけません。

今年の8月からBS等で4K・8Kの試験放送が開始されますが、こちらも現在市販されている4Kテレビでは視聴することができません。現時点では4K・8K放送対応の外付けチューナーはまだ発売されていないそうです。

総務省|現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビによるBS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ

 現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビ ※1 を利用して、衛星基幹放送による超高精細度テレビジョン放送を視聴するためには、平成30年の実用放送開始にあわせて発売予定の機器が別途必要になります。

www.soumu.go.jp

4K対応のテレビを購入したにもかかわらず、外付けのチューナーをまた別途、購入しなければいけないというのは、なかなか納得しにくいことだと思います。また、外付けのチューナーを別途購入した場合は、4K放送を見るときにテレビ単体の操作では見ることができず、チューナーの電源を入れたりチャンネルを合わせたりといった別の操作も必要になります。

4K対応のテレビは一時期と比較するとずいぶん値段が落ち着いてきましたが、それでも通常のテレビと比較すると、かなり割だかな値段になっています。下記のパナソニックの製品は40インチの液晶ディスプレイで12万4800円でした。

たとえば上記の商品であれば、商品を紹介するページの冒頭に「※本機は4K対応テレビです。別売の4Kチューナーを接続することで4K放送を視聴することが可能になります。」という説明が入るようになっていました。総務省から指導があったのでしょう。

ただ、この注意書きがなかった過去に購入した人は、なかなか納得できないのではないかとも思います。今後、外付けのチューナーがどの程度の価格で販売されるのか、手持ちの4K対応テレビと外付けチューナーを接続して利用したときにどんな使い勝手になるのかが気になるところです。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク