NTT横須賀研究開発センタ一般公開2016を見学

シェアする


三浦市の金田漁港にあるレストランに行こうと思い衣笠の付近をクルマで走っていると、丘の上に大きな建物が見えてきました。この建物は何かと思ってナビを見ると、NTT横須賀研究開発センターのようです。

入り口を見てみると、小さなポスターが貼ってあって入場できるようになっていました。何のポスターかと思い近づくと、「一般公開」と書かれています。この日(2016年8月6日)はたまたま横須賀通研の一般公開日だったようです。せっかくなので寄って行くことにしました。今まで、武蔵野研究開発センターには行ったことがあるのですが、横須賀研究開発センターに入館するのは初めてです。

入場すると駐車場まで誘導してくれました。

こちらが会場の入口です。

こちらの研究開発センターの歩みがパネル展示されていました。常設で展示されているようです。

11時30分から一階のレストランでランチの営業を始めるようなので行ってみました。とても綺麗なレストランです。telwelというNTTグループの会社が運営しているようです。

この日の特別メニューです。ローストビーフ丼、シーフードトマトソースのパスタ、ハンバーグ定食がどれもワンコイン、500円でした。

今回はローストビーフ丼を注文しました。

他のメニューもあります。

イベントのパンフレットももらいましたり

そうこうしているうちに、ローストビーフ丼が運ばれてきました。

思っていたよりも、立派で厚手の肉が使われています、500円とは思えない、柔らかくて美味しいお肉でした。徳をした気分です。これにセルフサービスでスープが一杯付いてきます。

ちなみに食堂は地下一階にもあります。こちらはどちらかというと、研究開発センターで働いている人が利用する社員食堂的な色合いの場所なのでしょう。

メニューはこちらの通りです。焼きそば200円、唐揚げ200円、ラーメン300円、そば250円など、信じられない安さです。

10階でもイベントが実施されていたので行ってみました。こちらは眺望が素晴らしい展望室のようなロビーがあります。よく晴れた日であれば富士山が見えるそうです。


展示やイベントはどちらかというと、近所に住んでいる子ども向けのものが多いので、電気通信の最新技術が見られるわけではありませんでした。しかし、なかなか横須賀研究開発センターに入ることができる機会はないので貴重な経験ができました。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク