食べるマスク(食べるシールド乳酸菌タブレット)が美味しい

日記・ショッピング

食べるマスク

食べるマスクという赤いパッケージに入った商品がありました。森永製菓の商品です。

食べるマスクとは言っても、口を覆うマスクが入っているわけではありません。包装にも「本品は乳酸菌粉末を使用した清涼錠菓です。ほこりやウイルスの感染などを防ぐための口・鼻を覆う衛生用具ではありません」とはっきりと書かれています。

シールド乳酸菌が入ったタブレットが個別包装になって入っています。標準で21粒入っていると表示されていました。

特定保健用食品ではないと思うのですが、効能らしきものが復路の裏側に書いてありました。

  • 体調キープ
  • 人混み
  • 乾燥予防
  • のどスッキリ・エチケット

シールド乳酸菌とは?

シールド乳酸菌は「からだをまもるために選び抜かれた乳酸菌です」と書いてありました。

森永乳業()が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌(加熱殺菌菌体)で盾 (シールド)のように外部からの敵を防御することをイメージして名付けられました。

原材料は、「ブドウ糖、殺菌乳酸菌粉末、酸味料、乳化剤、重曹、香料、甘味料、ビタミンC」と書かれていました。含まれる割合が多いものから書いてあると思うのですが、その筆頭がブドウ糖というのはなんとなく怖いです。

ちなみにタブレット1つあたり6kcalと表示されています。この中に33.4億個の乳酸菌が入っています。三粒で100億個取れるという勘定です。

味は乳酸菌ということでヨーグルト風味になっています。なめていてもあまり味は感じないのですが、噛み締めてタブレットを口の中で割ると、ジュワッとします。重曹の役割によるものだと思います。

スーパーやドラッグストアなど、いろいろなところで販売されています。楽天市場でも扱っているお店が複数ありました。

口の中かスッキリとして、なかなか美味しいです。マスクとしての効果がどこまであるのかはよくわかりませんが、お菓子としても十分に美味しく食べられます。

【2020/03/02追記】

「食べるシールド乳酸菌」に名前が変更

いつのまにか、食べるマスクから食べるシールド乳酸菌に商品名が変更になっていました。

食べるマスクだとやはり商品名が紛らわしいという意見があったのかもしれません。

現在、新型コロナウイルスの影響でマスクが圧倒的に不足して、いろいろな人がマスクを探し求めている状況にあるので、商品名を変更したのは賢明だったのではないかと思います。

Related posts

コメント