iPad Pro 9.7インチWi-FiモデルでポケモンGoを実施

シェアする


先日、長時間、路線バスに乗っている時に手持ち無沙汰なので、持ち運んでいたiPad Proをかばんから取り出しました。Wi-Fiモデルなのでそのままでは通信ができません。iPhone5sでテザリング(インターネット共有)の設定をして、iPad Proでもインターネットに接続できるようにしました。

スポンサーリンク



GPSがない

iPad ProのWi-Fiモデルにはgpsが搭載されていません。しかし、ポケモンGOのアプリを起動しても特にエラー等は出ません。普通通りに起動ができます。Wi-Fiのアクセスポイントが持っている位置情報から推測しているということですが、今ひとつどうやって位置情報を手に入れているのか今ひとつ分かりません。ただ、少なくともポケモンGOをやる程度であればあまり支障はありませんでした。今回はWi-Fiの電波が多い都心を走るバスだったので支障が無かったのだと思いますが、Wi-Fiが少ない郊外では相当、位置情報がずれるのではないかと思います。また、Wi-Fiの電波を掴みながら位置情報をたどっていることもあり、バスの進行にあわせてスムーズには位置が変わりません。カクカクとした動きになります。GPSが付いていないので仕方のないところではあります。

バッテリーが強力であることはありがたいです。スマートフォンでポケモンGOをやると、かなりの勢いでバッテリーが消費されていきますが、iPad Proでは非常に余裕があります。これならば安定してプレイを続けられます。さらに、ポケモンGOプラスをBluetoothで接続すれば、ボタンを押すだけでさらに快適にポケモンを捕まえることができます。

iPad Proを利用すれば大きな画面でポケモンを捕まえることができるので、バスで人目につかない席に座ることができたら「あり」なのではないかと思います。(人目に付きやすい席だと画面が大きい分だけ恥ずかしいと思います)

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク