東京モノレールが12月17日からダイヤ改正

シェアする

東京モノレール

地下鉄有楽町線に乗っていると、電車の中の中吊り広告に東京モノレールのダイヤ改正を知らせる広告がありました。羽田と都心がもっと近くにとは書いてあるのですが、具体的に何が変わるのかがよくわかりません。

ネットで検索してみるとマイナビニュースに詳しい説明がありました。それによると、浜松町駅から羽田空港の第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナルの三駅までの所要時間短縮と利便性向上を目的としてダイヤ改正を実施するそうです。

スポンサーリンク



東京モノレールのダイヤ改正

どれだけ所要時間が短縮されるのかというと、空港快速で1分間の短縮とのことでした。上りの空港快速では羽田空港第2ビル駅から浜松町駅までが19分間になります。

さらに運行ダイヤもほぼパターンが固定されるようになり、浜松町駅では、

  • 空港快速 毎時4分、16分、28分、40分、52分
  • 区間快速 毎時8分、20分、32分、44分、56分
  • 各駅停車 毎時0分、12分、24分、36分、48分

という覚えやすい時刻表になりました。

羽田空港に向かうためには、以前であれば東京モノレールを使っていくのが定番でした。東京オリンピックが開催された昭和39年に開通しています。その後は、京急線が1993年に現在の天空橋駅へ、そして1998年に羽田空港国内線ターミナル駅まで延伸されました。そんなこともあり、現在では京急線や路線バス、リムジンバス等の選択肢が増えていますので、東京モノレールとしても今後の生き残りのためにはこのような改善の積み重ねが必要になるのでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク