上武道路が延伸し前橋渋川バイパスに接続

シェアする

埼玉県の熊谷市から群馬県の前橋市にかけて、国道17号線に対するパイパスである上武道路があります。この道路は高崎や前橋の市街地を経由していないことと、立体交差などが整備されていて、信号が少ないため、非常に快適に走ることができるのがポイントです。

関越道が混雑している時には、東松山付近から熊谷に向かい、上武道路を使って渋川、伊香保、草津の方面に行くことが多いです。

そんな上武道路ですが、今までは赤城山の麓、上細井という交差点で終わってしまっていました。深谷バイパスから上細井交差点までの37kmが現在の開通区間です。

上武道路

上細井交差点からは二車線道路をたどっていけば前橋渋川バイパスまで出ることはできたのですが、少し不便を感じていました。

しかし、今年に入って上細井交差点まで行ってみると、その先の延伸区間がずいぶん出来上がってきていました。これならば、間も無く開通だろうと思い調べてみると、平成29年3月19日16時30分に開通することがアナウンスされていました。距離にして3.5kmになります。また、この開通で上武道路は全線開通です。

なんと事業が開始されてから47年も経過しているということですので、この事業に関わってきた方々についてはそれだけ思い入れも深いのではないかと思います。

国道50号と交差している前橋市今井町から今回の開通部分までは暫定二車線での開通で、追い越し車線が有りませんが、道路の開通によりこの区間の時間短縮には大きな効果が見込まれると思います。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク