ららぽーと豊洲でプレミアムフライデーのChayのミニライブ

シェアする

プレミアムフライデーの2月24日、ららぽーと豊洲でChayのミニライブが行われるということだったので行ってみました。Chayは2015年に放送された「デート 恋とはどんなものかしら」の主題歌となった「あなたに恋をしてみました」がヒットした歌手です。

ミニライブは屋外のシーサイドデッキ中庭で実施されます。屋外で見ても良いのですが、寒いので屋内から見下ろすことができる場所がないか、事前に調べてみました。すると、二階にあるスターバックスの場所がなかなかよさそうです。場所的に演者の立ち位置の左後方斜め45度という形にはなりますが、コーヒーを飲みながらゆっくり見ることができそうです。

午後7時開演ですが、その45分前頃に現地に行ってみると、ステージの前で見るための行列がすでにできていました。ただ、大した行列ではなく、余裕で前から三列目程度には入ることができそうな数でした。一時は並ぼうかとも思ったのですが、やっぱり寒いので、建物の中の二階に行きました。スターバックスは1階のセンターコート自体にもあるのですが、そちらからはステージを見ることができません。ただ、屋内よりは音はよく聞こえそうです。

二階のスターバックスに行くと、センターコートに向いたカウンター席は運良くガラ空きでした。そちらに荷物を置いて、ドリップのグランデを買いました。

カウンター席から見下ろすとこんな感じでセンターコートやステージは見えます。テントはセンターコートで販売されているものを食べるための特設テントです。その左側にステージが少し見えます。


ステージ前のお客さんは開演10分前で八割ほどの入りでした。ただ、スターバックス店内にかかっている軽快な音楽の音量が意外と大きいです。うまく、センターコートの音が聞こえてくるのか否か、少し心配になってきました。

時間になるとMCが登場したのが見えました。声は全く聞こえてきません。そして、Chayがステージ上に登場しました。やはり声は聞こえません。どうも、完璧な防音になっているようです。

このままではまずいので、建物から外に出て、ステージの斜め上まで行ってみました。こちらであれば、音は良く聞こえますが、ステージサイドの照明が眩しくて、Chayの顔はよく見えませんでした。ただ、Chayがステージ上を歩くと照明から外れるので表情がよく見えます。

音がよく聞こえなかったのは、ステージが掘り下げられたところにあって、周りには音が伝わりにくい構造であること、アコースティックライブのスタイルでChayかギター一本で歌っていたので、拡声もさほど行われていなかったことが要因でした。

曲間で軽いMCを挟みながら30分ほどのミニライブでした。荒井由実の12月の雨など、自身の持ち歌以外の曲も披露してくれました。ヒット曲の「あなたに恋をしてみました」はライブの中盤、最新曲の「恋の始まりはいつも突然に」は最後です。アンコールはありませんでした。

初めて、Chayのライブを見ましたが、会場の色々なところに向かって笑顔で手を振ってくれて、とても印象的なライブでした。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク