伊勢崎から東京の多摩まで秩父経由でドライブ

シェアする

群馬県の伊勢崎で一泊した後、東京の多摩地域までドライブしました。

経路として真っ先に考えつくのは、上武道路で熊谷まで行き、滑川町を通って東松山に抜けて、関越道で練馬インターへと向かうルートです。

ただ、三連休最終日ということもあって、関越道は所々で渋滞の兆しがあったので、このルートはやめました。

北関東自動車道を使って東北道に出るルートも考えられますが、東京東部に行くときはありだとしても、東京西部に行くときは少し遠回りです。

スポンサーリンク



秩父から国道299号線

国道17号や国道254号も渋滞することは明白なので、今回は山の方に入って秩父を抜けて国道299号で向かうことにしました。

かなりの遠回りになると思っていたのですが、地図で見ると多少は西側に寄りますがそんなに遠回りではなさそうです。

しかも、伊勢崎から秩父までは意外と近くて、1時間半程度で行くことも分かりました。

利用する道はあまり街中を通らないので、信号が少ないことも魅力です。伊勢崎から本庄を通って皆野、秩父へと快調にドライブできました。

国道299号線に出たら飯能までひたすら一本道になります。VICSで見ると飯能から所沢までのバイパスも混雑していなかったので、そのまま終点の「あまいけ」の前まで走り、所沢街道に出て多摩地域へと向かいました。

総工程で途中の休憩なども含めて4時間程度だったと思います。渋滞している箇所はありませんでした。中山道ルートや関越道、国道254号が混雑している時は、このルートもありだと思います。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク