iPad Proで利用する自宅用のキーボードを購入(Logicool K480BK)

シェアする


iPad Proで今まではANKERのBluetoothキーボードを利用していました。このキーボードは軽いので持ち運びには便利なのですが、キーボードがペニャペニャとしていて、自宅で利用する際には使い勝手があまりよくありません。そこで自宅で利用する際にしっかりとしていて打ち易い外部キーボードを探してみました。


ちょうどAmazonでプライム会員向けのセールを実施していたので、その中でキーボードがあるかどうか調べていると、ロジクール社のK480BKというキーボードが2000円少しで販売されていました。ユーザーレビューを読んでみると、重くて持ち運びには不便なようですが、自宅で据え置き型のキーボードとして利用する分には問題がなさそうです。

さっそく、Amazonでポチッと購入してみました。すると、便利なもので翌日の昼頃には商品が自宅に届いてしまいました。

Amazonの段ボールから製品の箱を取り出してみました。日本語での説明もあります。

スマホやタブレットを立てかけることができる溝が付いています。

三台の機器を切り替えて接続することができます。

キーボードの本体が出てきました。

こちらがキーボード本体をビニール袋から取り出したところです。

ペアリングは右上にあるiOSと書かれているボタンを3秒以上押していると機器側に表示されることでできます。

最初は、@などの刻印がキーボードの刻印と合わないので困っていたのですが、キーボードをよくよく見ると、iOS用の刻印もされているのを見つけました。白い丸の中にiOSの文字がわかるようになっています。キートップの一番右側に刻印があります。下の写真では2の右上にある@がiOS用の刻印です。

こちらはシフトを押さなければ=、シフトを押せば+です。


キーボードの打ち心地については、今までのAUKEYの製品と比較するとガッチリとしていることがよくわかる打鍵感です。レビューに書かれていたようにキーボード自体の重さはかなりありますので持ち運びにはとても不便です。中を分解した写真を見ると、鉄板が入っているようで、これが重さの原因です。中には軽くするためにこの鉄板をアルミニウムなど軽い素材に取り替えている人もいるようですが、私は自宅で使うつもりですので、このままで大丈夫です。持ち運びにはAUKEYのキーボードを持ち歩くつもりです。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク