ビックカメラの支払いにビットコインを導入

シェアする

ビックカメラはクレジットカード以外にも電子マネーなど、支払い方法の多角化を進めていますが、そんな支払手段の一つとして仮想通貨であるビットコインの導入を発表しました。有楽町店と新宿東口店の2店舗で4月7日から試験的に利用できるようになっています。

ビットコインというと何だかアングラ的な雰囲気もあり、本当に安全なものなのかどうかも一般消費者から見ると疑わしくも感じますが、このように大手の企業が正規の決済手段として取り入れるというのは凄いことだと思います。ビックカメラではビットコイン取引所の国内最大手であるbitFlyerが提供する決済サービスを採用しています。

こちらがbitFlyerの公式サイトになります。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】
bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyer(ビットフライヤー)は皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。

こちらのサイトを見ると、ビットコインの取引レートのグラフなども掲載されていて、なかなか興味深いです。

具体的な決済手段ですが決済に用いる端末にビットコインアドレスを含んでいる二次元バーコードを表示させて、これを読み取ることで送金が完了します。決済額は最大で10万円までと決められています。もしも10万円を超える場合には他の決済手段と組み合わせて決済します。
私の身の回りでは、ビットコインを利用しているという人を見たことがありません。正直、電子マネーだけでも十分に便利だと思っていますので、私自身はビットコインを当面利用することは無いと思っています。お店にとってみると、ビットコインを用いることで手数料を安く済ませることができるのが魅力になるのだということです。

今後、ビットコインがどの程度普及することになるのか、気になるところです。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク