アパホテル&リゾート東京ベイ幕張で一泊

シェアする

アパホテル&リゾート東京ベイ幕張

ゴールデンウィーク期間中の5月2日から3日にかけて、千葉の幕張新都心にあるアパホテル&リゾート東京ベイ幕張に宿泊しました。

こちらはプリンスホテルだったところをアパホテルが買い上げ営業しているホテルになります。

まず目立つのが地上50階建てのタワー型ホテルです。その横にウエストウイングとイーストウイングの二棟を増設した形になっています。

東京ディズニーランドからは40分ほどで着きました。ららぽーと船橋の近辺が道が渋滞していましたが、それ以外は特に混雑していませんでした。

ホテルに着いたのは午後9時半ごろです。駐車場は非常に広い平面駐車場でしたが、かなりたくさんのクルマが停まっていて、なかなか空いているところが見つかりませんでした。もっとも奥の方に空きエリアを見つけ、そちらに駐車しました。宿泊客は一泊の駐車料金が1000円になります。

館内に入って最初に行ったのがチェックインカウンターです。自動チェックイン機が並んでいましたが、個々の機械ごとになぜか係りの人が付いています。これでは、あまり自動チェックイン機の意味がなさそうです。

アパホテルのカードを差し込んで見ると、しばらく機械が考え込んだあげく、係りの人から「お部屋は二つでよろしいですね?」と突然聞かれました。

大人2人で一部屋で申し込んだことを告げると、「どちらのサイトから申し込みましたか?」と聞かれ楽天トラベルですと答えると、ようやく情報を見つけたらしく、チェックインかわ完了しました。

あとは、駐車場の精算機があるので、ここに駐車券とルームキーを差し込むことで1000円を請求されます。これでお金を入れれば精算完了です。

部屋は楽天トラベルで申し込むときに、「部屋タイプおまかせ」にしました。アパホテルは混雑状況により、同じ部屋でも3000円代から1万円以上まで値段が変動します。

この日はお客さんが少なかったようで、セミダブルの部屋が3000円代、ダブルの部屋が4000円代、ツインの部屋が5000円代くらいの価格帯になっていました。

そのほか、3000円代に「部屋タイプおまかせ」という選択肢があったので、これで申し込みました。結局、ツインの部屋が割り当てられたので、かなりお得だったことになります。

部屋はセントラルタワーの17階でした。この値段からは信じられないほど、結構、広めの部屋で良いです。

浴衣もきちんと置いてありました。

寝ながらみられる位置に大画面テレビが掛けられています。これも良い配慮だと思います。

浴衣の帯の上には鶴の折り紙が置いてあります。日本らしい配慮が嬉しいです。外国人は喜ぶのではないでしょうか。


最初にお風呂へと行きました。お風呂のレポートは次のエントリーで紹介します。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク